2017年07月20日

平均寿命100歳の時代が来る前にやっておくべきこと

平均寿命100歳の時代が来る前にやっておくべきこと

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/092800071/070300026/?rt=nocnt

「これから最も大きく変わる産業分野は何か?」。こう聞かれたら、迷わず私は「医療」と答えます。これが、いろいろな産業分野で新しいビジネスを創出する仕事に携わっている者としての回答です。

 ゲノム解析が進む中で、「なぜ病気になるのか」「人間はなぜ老いるのか」といった、生命の根源に関わるようなことが次々に分かり始めています。最近はさらに「ゲノム編集」という言葉まで登場してきました。人間が生み出したテクノロジーは、遺伝子を「改変」することさえ可能にしつつあるのです。

 こうして今、生命の設計図に基づく医療の革命的な変化が始まっています。これは死生観を含めて、私たちの価値観やライフスタイルを変えることになるでしょう。私はこれを「ライフ・イノベーション」と呼んでいます。

 2012年、京都大学の山中伸弥教授が「iPS細胞」に関連してノーベル賞を受賞したことが大きな注目を集めました。山中教授は、「iPS細胞」と呼ばれる万能細胞を作ったことで受賞したと一般の人々には思われています。しかし、真に凄い業績は、「細胞の時間を巻き戻せる」ことを発見したことにあります。

 ウイルスを使って遺伝子の“スイッチ”をたった4つ入れるだけで、皮膚細胞などから「生まれた直後」と同じような万能細胞を作ることができます。「生まれた直後に戻せる」というのは、細胞レベルでは時間の巻き戻しが可能であるということ。すなわち「若返りができる」ことを実証したということです。

 iPS細胞の発見は、「老化」とは何かという生命の根源に迫るものです。今後10年以内に「老化」のメカニズムがほぼ解明されることでしょう。それによって、老化を遅らせる「アンチエイジング」技術も飛躍的に進歩するはずです。
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が人間の親友になった理由、遺伝子にあり 研究

犬が人間の親友になった理由、遺伝子にあり 研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3136396

非常に人懐こい犬には、ある発達障害の人々と共通の遺伝的類似性があるとする研究論文が19日、発表された。ウィリアムズ症候群と呼ばれるこの発達障害は「自閉症の対極」とも呼ばれ、極端な社交性が特徴だ。

 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文では犬およびウィリアムズ症候群の人々にみられる極端な社交性に関連した2種類の遺伝子の変異が指摘された。

 今回の発見は、犬が数千年前にオオカミの祖先から枝分かれして家畜化した経緯についての新たな考察を示している。

 研究では、飼い犬18匹と捕獲したハイイロオオカミ10匹を対象に、課題解決能力や人間に対する社交性について調べた。箱のふたを持ち上げてソーセージのおやつを取り出す課題では、同じ部屋にいる人に対しどの程度助けを求めるかで評価した。

 その結果、オオカミは犬よりもおやつを取り出す方法を見つけ出せる場合が多く、また犬は近くにいる人を恨めしそうに見つめていることが多かった。

 続いて研究チームは、オオカミと犬の血液を採取して分析。その結果、犬のGTF2IとGTF2IRD1という2つの遺伝子に変異があることが判明した。「(これらの変異は)犬の極端な社交性に関連するとみられ、このことが犬とオオカミを隔てた家畜化の主要因となった」と論文は述べている。

 これらの遺伝子はこれまで、ウィリアムズ症候群の人々の極端な社交性との関連性が指摘されていた。ただ、変異そのものについては、人のそれとはちがっていた。

 論文の共同執筆者である米プリンストン大学(Princeton University)のブリジット・フォンホルト(Bridgett vonHoldt)助教(生態学・進化生物学)は、「われわれは『社交的な遺伝子』は発見できなかったが、動物の性格を形成し、野生のオオカミを従順な犬に家畜化するプロセスを助けた重要な(遺伝的)要素を発見した」と語っている。

 米コーネル大学(Cornell University)助教で犬遺伝子の専門家であるアダム・ボイコ(Adam Boyko)氏は、「今回の研究では全体の標本サイズが小さいため、より多くの種類の犬でこれらの変異の関連性を立証することが必要だろう」と述べている
posted by ひこーきパパ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

積極奇異型アスペルガーの僕が、だからひとりが好きな理由

積極奇異型アスペルガーの僕が、だからひとりが好きな理由

http://www.huffingtonpost.jp/maho-takase/aspergers-interacting-with-others_b_17428106.html

僕は3歳になる少し前に自閉症の一種、アスペルガー症候群と診断されました。

自閉症と言うと、殻に閉じこもって誰とも話さず一人でいるのが好きっていうイメージを浮かべる人が多いかもしれないけれど、僕は人、特に大人とコミュニケーションをとるのが大好きです。僕の興味のある話題限定なんだけどね。

そういう僕みたいなタイプの人は、アスペルガー症候群の積極奇異型って言われています。

初めて出会った人にも積極的に挨拶して自分の好きなことを話し始めようとします。でも、相手の人が僕の話に興味があるのか、もう終わりにしてほしいのか、そういう事を察知するのが苦手なので、一方的に話し続けてしまいます。

そんな僕ですが、保育園にいた頃の僕は、一人が好きでした。

その頃は、なんで一人が好きだったのかはわかっていなかったけれど、今思うといつもざわざわしている園庭や、突然大声を出したりする子、給食の混ざりあう匂いや、ホールに鳴り響くピアノの音と合唱の声が混ざり合うのを避けたかったんだと思います。

後に僕は、感覚統合障害(感覚の過敏と鈍麻の混合型)があったからそういう状況がしんどかったんだと知りました。

友達と遊びたくても、どうやって仲間に入れてもらえばいいのかわかっていませんでした。

僕は鬼ごっこが好きだったんだけど、僕が鬼ごっこをしようって言っても他の子が「いやー」って言ったらそれでパニックになってしまうから、他の子は僕と遊んでくれなくなったんです。

みんなと一緒にいたかったけど、一人でいるしかなかったって言った方が正確かな。そんな保育園時代。
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

2020年の国体 鹿児島で開催

2020年の国体 鹿児島で開催

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055234501.html

3年後の2020年、東京オリンピック、パラリンピックの直後に開かれる国体=国民体育大会が鹿児島県で開かれることが正式に決まり、鹿児島県の三反園訓知事は、「感動を引き継ぐ国体にしたい」と話しました。

これは、18日、都内で開かれた日本体育協会の理事会で決まりました。
この中では日本体育協会の伊藤雅俊会長から鹿児島県の三反園知事に国体の開催決定書が手渡されました。
鹿児島県での国体は1972年、昭和47年以来、48年ぶり2回目の開催で、10月3日に開幕し、13日まで11日間、県内各地で開かれる予定です。
開催が決定した後、三反園知事があいさつし、「私自身も48年前に国体旗を持って走った記憶がある。子どもたちの心に残る感動出来る国体にしたい。また、2020年は東京でオリンピック、パラリンピックも開かれる。日本中の感動を引き継ぐ国体にしたい。大成功するようにしたい」と話していました。
このほか理事会では2022年の国体の開催地に栃木県を内定しました。
栃木県での開催は42年ぶり2回目です。
栃木県の福田富一知事は、「東京オリンピック、パラリンピックから2年後で栃木県の魅力や実力を見せる絶好の機会だ。多くのメダリストも出場してくれると思う。
成功を目指し、記憶に残る大会にしたい」と話していました

**********************
前回、私は中学生でした。
指宿では、卓球と・・・・?がありました。
体育館まで見に行ったのを覚えている。
懐かしい。。。。
posted by ひこーきパパ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者が描くアート まちごと美術館

障害者が描くアート まちごと美術館

絵もたくさんあります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170719/k10011063361000.html

盲導犬と歩く猿、車いすを押す龍…。
JR新潟駅前にある観光案内所には、さまざまな動物が楽しそうに遊ぶ絵が飾られています。すべて障害のある人が描いた絵です。
駅前につるされた旗や銀行の窓口に飾られた絵など、新潟県内の34か所にあるアート作品。障害者が描いた絵が街を飾る、その名も「まちごと美術館」です。
カラフルで楽しさに満ちた絵に魅力を感じ、僕は取材を始めました

柿やみかんなどの果物が色鮮やかに描かれた力強い絵。僕が初めて出会った、障害のある人が描いたアート作品です。
描いたのは新井里沙さん(25)。アクリル絵の具を油絵のように重ねて描き、濃密な色彩で身近な物を描いています。

絵で伝えるメッセージ

里沙さんは3歳の時に自閉症と診断され、言葉でコミュニケーションをとることは今も苦手です。母親の惠美子さんは、里沙さんが自閉症と診断されたとき、絶望や悲しみよりも、娘の未来の幸せのために自身が尽くそうと決心したと言います。

冬のある日、里沙さんが幼稚園の曇った窓ガラスに指で絵を描いているのを見かけました。言葉を話すことができず、ほとんど楽しそうな表情を見せることがなかった里沙さん。窓ガラスに向かい、生き生きと絵を描いていました。

その日から惠美子さんは里沙さんにクレヨンを与え、絵を通して娘の成長を見守ってきました。

アクリル絵の具を使い、本格的な作品を描いたのは10年前から。里沙さんの作品の魅力は、色鮮やかさと絵の具をたっぷりと使った存在感です。
言葉ではない里沙さんのメッセージでもあります。

さまざまな作品に挑戦する里沙さん。いつも近くで作品を見続けてきた惠美子さんは、もっと多くの人に見てもらいたいと思うようになりました。

そんな時に出会ったのが『まちごと美術館』でした。

「家でただ描くだけでなく、それを大勢の人に見てもらう。一生懸命描いたものが舞台に立つというのはステキなことだと思います。『りっちゃんの絵があったよ』っていろんな場所で声をかけてもらえる。本人も張り合いがあると思います」

***************
続きは本文を読んでください。
posted by ひこーきパパ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「リカちゃん」発売50年 かつての子どもたちは…

「リカちゃん」発売50年 かつての子どもたちは…

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011062311000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_011

着せ替え人形の「リカちゃん」が発売されて、ことしで50年になります。これを記念して、今は大人になった女性たちが「リカちゃん」との思い出を語り合うパーティーが千葉県・浦安市で開かれました。

「リカちゃん」は50年前の1967年(昭和42年)に発売された着せ替え人形で、これまでに合わせて6000万体以上が販売されています。

人形を販売しているおもちゃメーカーが50周年を記念して開いたパーティーには、およそ950人が参加しました。パーティーの募集が行われたのは今から25年前で、17日に集まったのは、そのころ「リカちゃん」と遊び、今は大人になった女性や家族の人たちです。

パーティーではさまざまなイベントが行われ、参加者全員で「ありがとう」と声をそろえてリカちゃんに感謝の気持ちを伝えました。

会場には1975年(昭和50年)に発売された「ミニスカート」のリカちゃん人形や1995年(平成7年)に発売された「ルーズソックス」姿のものなど、およそ50体が展示され、参加した人たちが一緒に写真を撮ったり、親子で思い出を語り合ったりしていました。

参加した家族連れは「25年前に子どもが生まれた記念にリカちゃんを購入しました。時間がたつのはあっという間で、こんな日が来るなんて思ってもみませんでした」と話していました。

タカラトミーの「リカちゃん企画部」栗原しょう太部長は「親子、孫まで3世代にわたって愛されているので、これからも女の子たちの憧れを少し先取りして実現する形で商品開発を進めていきたい」と話していました。

************************
続きはURLでご覧ください。長いです。
posted by ひこーきパパ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害の「できない」は 道具で「できる」ようになることも

発達障害の「できない」は 道具で「できる」ようになることも

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170717/Mamatenna_69074.html

生まれつき脳機能の発達の影響によって、社会生活に困難が生じてしまう「発達障害」。症状の出方はさまざまですが、健常な発達をする子どもにくらべると、発達障害の子は手先が不器用だったり、じっとしていられなかったりと、市販されている日用品などが上手に使えないことも多々あるようです。

そうした発達障害の子を含め、子どもたちが苦手意識を持ちがちなことをフォローアップしてくれる数々の「道具」を考案してきたのが、特別支援教育の第一人者・安部博志(あんべひろし)先生です。

筑波大学附属大塚特別支援学校の主幹教諭も務める安部先生に、道具を使うことの意義について聞きました。

●道具で「できる」ようになれば自己肯定感も高まる

幼稚園や小中学校の学級を1万以上視察してきた安部先生。そのなかで発達障害の子は、たとえばまっすぐな線を引くことを苦手としていたり、一般的には簡単に感じられる運動がうまくできなかったりと、さまざまな“困り感”(学校などの集団生活、家庭での日常生活でつまずきや戸惑いを覚えること)を抱えているといいます。

そうした発達障害の子にとっての「できない」は、視力が低下した人の「見えない」と同じようなことだと安部先生は指摘します。視力が低下した人にメガネがあるように、世の中には、あまり知られていないだけで発達障害の道具の子にむけた道具がたくさんあるそう。

「これまで100円ショップやホームセンターを巡って、いろいろな道具を自作してきました。でも、じつは発達障害の子ども向けに作られたものだけではなく、一般に販売されているユニバーサルデザインの商品なども困り感の解消には一役買ってくれます」(安部先生、以下同)
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症の矢冨さん 仲間と笑顔で完走 トライアスロン

自閉症の矢冨さん 仲間と笑顔で完走 トライアスロン

http://www.nnn.co.jp/news/170717/20170717051.html

 16日開催された「全日本トライアスロン皆生大会」で、リレーの部にランで出場した知的障害を伴う自閉症の矢冨竜さん(29)=境港市渡町=が、仲間と笑顔でフィニッシュテープを切った。「障害者も頑張れることを多くの人に知ってほしい」。完走後、まだまだ走り続ける決意を新たにした矢冨さんの挑戦に“リタイア”はない。

***************************
2006年のスマップ草g君のテレビドラマ「僕の歩く道」を思いだす。
posted by ひこーきパパ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

「見た目問題」、当事者から痛みを訴える声

「見た目問題」、当事者から痛みを訴える声

http://www.asahi.com/articles/ASK7D739DK7DUBFE005.html?iref=comtop_8_06

顔の変形、まひ、脱毛…… 病気や事故が原因で、特徴的な見た目を持つ人々がいます。そうした人たちが学校や就職、恋愛・結婚などで苦労することを「見た目問題」と言います。アンケートには、様々な当事者から痛みを訴える声が集まりました。差別を受けた体験を、子どもたちに伝え続ける男性にも話を聞きました。

議論の広場「フォーラム」ページはこちら
http://www.asahi.com/opinion/forum/?iref=pc_extlink

■一歩外に出れば「地獄」

 アンケートには、「見た目問題」の当事者や家族から、様々な体験や思いが届いています。
   ◇
●「アトピー性皮膚炎で顔の状態が良くなく、周囲の人から避けられているのではと思う場面が多々あります。アレルギー患者は増えていると聞きますが、一般にそうした症状が外見に出ることについて一般の理解が深まっているようには思えません。外見で清潔感を勝手に判断され、生理的に受け付けないとされれば、私としてはなすすべがありません。私自身も長年治療を受けなんとか治るよう努力していますが、症状は流動的で、もはや自分の顔を鏡で見るのも避ける日々。かといって『中身が大事』との反射的な反論も、個々人が大事にする中身が違うのですから、励ましにはなりません。外見を気にせずハンドル名で交流できるネットの世界が多少の助けです」(大阪府・30代男性)

●「私自身、生まれつき顔に『普通と違う』特徴を持っています。その外見で子供の頃からひたすら外を歩けば指をさされたり笑われたり、すれ違った人がわざわざ戻ってきてのぞき込んだり。そういう目にあうことはもう理解して生きていますが、大人になってもそれが平気になるわけではありません。幸い機能面では何も問題はなく人並みに進学もして友人にも恵まれましたが、一歩外(社会)に出れば地獄みたいなものです。就職や転職もとても大変です。あからさまな企業もありますし。人は見た目ではないと思う一方、見た目だけでひどい扱いをされるとやはり見た目が全てなのかなと絶望感でいっぱいになります」(東京都・30代女性)

●「先天性の顔筋欠損での顔面神経まひです。30年ほど前ですが幼稚園教諭や保育士の養成校を首席で卒業しましたが幼稚園の採用試験はことごとく不採用でした。指導教官から気の毒そうに、あなたのその顔がネックなの、と言われたときが人生で一番、顔を恨んだ時です。その後、いまの職場の保育園に出会い保育士として働き続けています。いまは障害児保育も一般化されノーマライゼーションも進んできたと思われますが、やはり幼稚園の先生には可愛さを求められる傾向は変わらないと思います。幼稚園の先生も看板商品みたいに扱われているような幼稚園も多いと思います」(兵庫県・50代女性)

続きあり
posted by ひこーきパパ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害 85%が「就労支援必要」

発達障害 85%が「就労支援必要」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14HC0_U7A710C1000000/

自閉症やアスペルガー症候群など発達障害がある人らでつくる全国の当事者会の85%は、就労する際の支援が必要だと考えていることが14日、一般社団法人「発達・精神サポートネットワーク」の調査で分かった。

 発達障害は特定の物事にこだわったり、他人との意思疎通に苦労したりすることがある。昨年5月改正の発達障害者支援法では事業主に雇用の確保を求めたが、ネットワークの嘉津山具子さんは「見た目に分かりにくいため、周囲に理解されず仕事を辞めるケースも多い」としている。

 調査は昨年11月〜今年1月に実施。都道府県や政令市の発達障害者支援センターが把握している96カ所の当事者会に質問票を配布、66カ所から回答を得た。

 大人の当事者に必要なサポート(複数回答)は就労支援が85%で最も多く、当事者会活動(82%)、相談支援(74%)が続いた。当事者会の参加者は30〜40代が中心で、さまざまな悩みを共有したり、自らの特性について理解を深めたりする場になっている。

 会の運営について、約半数はスタッフや資金の確保に苦労していると回答。費用のほとんどは参加者の負担で、補助金を得ているのは15%にとどまった。

 調査結果は17日に都内で開かれる「発達障害当事者会フォーラム」で報告する
posted by ひこーきパパ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「パワーレンジャー」は戦隊ヒーローリスペクトてんこ盛りの青春ドラマ

「パワーレンジャー」は戦隊ヒーローリスペクトてんこ盛りの青春ドラマ

https://top.tsite.jp/news/anime/o/36279178/

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』発祥、アメリカでのテレビ版経由。映画『パワーレンジャー』は、その出自を特徴にしつつも、2017年のヒーロー映画に必要な様々な要素を盛り込んだ意欲的な作品だ。


前半は真っ当な青春映画です

アメフトのスター選手でありながら選手生命を絶たれてしまった高校生ジェイソン。小さな町エンジェル・グローブで暮らす彼は、卒業に向けた補習授業で内気な少年ビリーと知り合う。ささいなきっかけでビリーが金の採掘場で行う「宝探し」に付き合わされるジェイソン。その場に偶然居合わせた、女子グループから孤立しているキンバリー、孤独な転校生トリニー、不登校でトレーラー暮らしのザックらと共に、ジェイソンとビリーは5色に輝く謎のコイン状の物体を手にする。

コインの力でやたらと身体能力が強くなる5人。彼らは採掘場に再び足を踏み入れ、地下に埋まる謎の建造物を発見。中にいたゾードンと名乗る体を失った魂だけの存在と機械生命体アルファ5によって、コインの力がかつて「パワーレンジャー」と呼ばれた戦士たちのものだったこと、元パワーレンジャーでありながら世界を滅ぼす力を求め、古代の地球で封印されたリタ・レパルサという悪の戦士が復活しつつあることを知る。さらに5人が新たなパワーレンジャーとなって戦う必要があるという話を聞き、戸惑いつつも訓練を始めることに。

訓練を進めつつも、5人はパワーレンジャーが最大の力を発揮するための"変身"ができずにいた。迫るリタ・レパルサの復活。5人の高校生と地球の運命はどうなってしまうのか!

というわけで、『ジュウレンジャー』では復活した古代の恐竜人類みたいな設定だったメンバーは、今回は全員落ちこぼれの高校生に。この高校生たちのメンツが白人、黒人、アジア系とちゃんと人種が散らばってるのはいかにも現代的。5人のメンバーはそれぞれ家庭環境や人間関係などに悩みを抱えており、特殊なパワーを手に入れてしまったことで調子に乗ったり戸惑ったりする。このあたりはちょっと2012年の映画『クロニクル』っぽい。

特に現代的な設定のキャラクターが、ブルーレンジャーに変身する黒人少年ビリーだ。彼は自閉症スペクトラムであり(これは劇中ではっきり明言される)、机の上の色鉛筆の並びにこだわったり、他人の言ったことが冗談なのかわからなかったり、早口で独り言を言ったりと、いわゆる従来のヒーロー像とは毛色が異なる。彼もパワーレンジャーとしての能力に目覚め重要な役割を担うこの映画には、悩めるティーンエイジャーに対する「君はそのままでも戦える!」という優しいメッセージが込められているのだ。

posted by ひこーきパパ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

社会福祉士など3資格の受験料、今年度から値上げ

社会福祉士など3資格の受験料、今年度から値上げ

http://digital.asahi.com/articles/ASK7H2DXRK7HUBQU004.html?rm=343

厚生労働省は14日、社会福祉に関する国家資格の受験手数料を、来年1、2月の今年度実施分から値上げすると発表した。社会福祉士は7540円から1万5440円に倍増。介護福祉士は2160円増の1万5300円、精神保健福祉士は1210円増の1万7610円になる。手数料引き下げに使っていた積立金が底をついたためという。

 民主党政権時代、試験を担う現在の公益社団法人「社会福祉振興・試験センター」に受験料の余剰金による積立金が28億円あったことが「無駄」だとされ、それを財源に2011年度から値下げしていた。

 値上げで受験者数が減り、介護分野での人材不足がより深刻になる可能性もある。ただ、介護福祉士の資格がなくても介護現場で働けるため、厚労省の担当者は「人材不足に直結しない」とみている。

 ログイン前の続き今年度の試験は介護福祉士は1月28日(筆記)、社会福祉士は2月4日、精神保健福祉士は2月3、4日の予定。昨年度の受験者数は介護福祉士7万6323人、社会福祉士4万5849人、精神保健福祉士7174人だった。

*********************************
私も定年後はこれらの資格の簡単な方から取って行こうかなと思っていたのに、
残念です。
これまでの国家試験はほとんど、会社持ちだったので、楽していました。
posted by ひこーきパパ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

35歳パラ選手が初挑戦 4時間かけ完走

35歳パラ選手が初挑戦 4時間かけ完走

https://mainichi.jp/articles/20170703/k00/00m/040/090000c

2010年バンクーバー・パラリンピックのアイススレッジホッケー銀メダリスト、上原大祐(だいすけ)さん(35)=東京都=が2日、鹿児島県・奄美大島であったシーカヤックマラソンに初挑戦した。両脚が動かず「泳げない」という不安を乗り越え、36キロのコースを約4時間かけて完走。上原さんは「障害者でもできるんだと発信できた」と笑顔で語った。

 上原さんは長野県軽井沢町出身。生まれつき脊椎(せきつい)に障害があり、車椅子生活を送りながら、氷上のそり「アイススレッジ」に乗ったアイススレッジホッケーの選手として活躍した。13年に引退し、現在は障害がある子供を支援するNPO法人の代表を務めている。

 「身障者がもっとスポーツを楽しめる場を広げたい」。そんな思いから、シーカヤック競技で全国最大規模と言われる「奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会」への出場を決めた。

 今年2月から毎月、タンデム(2人艇)のパートナー、神宿正旭(かみやどまさあき)さん(29)=広島市=と奄美へ通った。足を踏ん張ってバランスを取ることができないため、下半身の固定を助ける専用の板を足元に入れるなど工夫しながら練習を積んできた。
 2日は午前9時半に号砲。全国から集まった275艇に交じってスタートを切った。晴天だったがやや風があったために波が高く、一度バランスを崩しかけた。しかし「次につなぐためにも、何とかゴールしなければ」の決意を胸に、持ちこたえてこぎ続けた。

 結果は、出場種目20艇中8位。無事ゴールした上原さんは「今年は私だけだったが、来年は私と同じように障害を持つ人が参加してくれたらうれしい」と声を弾ませた。
posted by ひこーきパパ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者技能競技大会(鹿児島県)

障害者技能競技大会
(鹿児島県)

http://www.news24.jp/nnn/news8729329.html

障害をもつ人たちが様々な職業の専門的な技能を競う大会が薩摩川内市で開かれた。この大会は、障害者への理解を深めてもらおうと毎年開かれていて、今年は県高等特別支援学校の生徒など68人が参加した。大会はブラウスを制作する洋裁部門や、要介護者のベッドのシーツなどを交換するベッドメイキング部門など8つの部門に分かれて行われた。ポリテクセンター鹿児島の同免木学支部長は「障害を持っている人がこれだけ頑張れば、一般の人と同様に高いレベルが実践できる。障害者も安定して働けるそんな社会ができればいい」と話す。各部門で金賞に輝いた参加者は11月に栃木県で開かれる全国大会に出場する。
posted by ひこーきパパ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性の自閉症の方が男性より日常のタスクににおいて困難な事が多い。

Females with autism show greater difficulty with day-to-day tasks than male counterparts

女性の自閉症の方が男性より日常のタスクににおいて困難な事が多い。

https://medicalxpress.com/news/2017-07-females-autism-greater-difficulty-day-to-day.html

Women and girls with autism may face greater challenges with real world planning, organization and other daily living skills, according to a study published in the journal Autism Research.

Led by researchers within the Center for Autism Spectrum Disorders at Children's National Health System, the National Institute of Mental Health, and The George Washington University, the study is the largest to date examining executive function-including the ability to make a plan, get organized, and follow through on the plan as needed-and adaptive skills-ability to perform basic daily tasks like getting up and dressed or making small talk- in women and girls with ASD.

"Our goal was to look at real world skills, not just the diagnostic behaviors we use clinically to diagnose ASD, to understand how people are actually doing in their day to day lives," says Allison Ratto Ph.D., , a psychologist in the Center for Autism Spectrum Disorders at Children's National and one of the study's authors. "When parents were asked to rate a child's day-to-day functioning, it turns out that girls were struggling more with these independence skills. This was surprising because in general, girls with ASD have better social and communication skills during direct assessments. The natural assumption would be that those communication and social skills would assist them to function more effectively in the world, but we found that this isn't always the case."

The study collected parent-reported data from several rating scales of executive function and adaptive behavior, including the Behavior Rating Inventory of Executive Function, Parent Form (BRIEF) and the Vineland Adaptive Behavior Scales-II (VABS-II). The group included 79 females and 158 males meeting clinical criteria for autism spectrum disorders, ranging in ages from 7 to 18 years old. The groups were matched for intelligence, age and level of autism and ADHD symptoms.

*************
女性の発症率は男性より少ないです。
でも、私にはこれまでの経験上重たい方が比較的多いです。
自閉症へのトリガー(閾値)が高い代わりに、反発も大きいのかなと。
今は広い連続性となりますがガウス分布で両性を比較しないと、差があるのか?

posted by ひこーきパパ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

発達期のセロトニン療法、自閉症マウスで社会性を改善

発達期のセロトニン療法、自閉症マウスで社会性を改善

http://economic.jp/?p=75386

 発達障害の一つである自閉症は、コミュニケーションが苦手、社会的相互作用が成り立ちにくいといった「社会性の障害」や、反復的行為や一つのことへのこだわりといった「脅迫的な行動様式」を主な症状とする。自閉症の発症割合は150人に1人程度と言われ、最近は世界的に増加傾向にある。原因については不明なところが多く、治療薬など有効な生物学的治療法も見つかっていない。

 自閉症の病態を説明する有力な説の一つに「セロトニン仮説」があり、古くから研究が行われてきた。例えば1960年代に、一部の自閉症者では、血中セロトニン濃度が上昇していることが指摘されている。また、セロトニンの原料となるトリプトファンが欠乏した食事を続けることにより自閉症の症状が悪化すること。選択的セロトニン取り込み阻害剤(SSRI)の投与により、社会性の障害や強迫的な行動様式といった自閉症の症状が改善することが報告されている。

 日本でも浜松医科大学らが、PETを用いた研究で自閉症の全脳のセロトニン系(脳内セロトニン・トランスポーター密度)の変化を調査し、広範な領域でセロトニン・トランスポーター密度が低下していること及び、これが自閉症の社会性の障害や強迫的な行動様式と関連していることを明らかにしている。これらのセロトニン異常がどのように自閉症に関係するのかは分かっていなかった。このほど、理化学研究所らは、モデルマウスを使った実験で、発達期のセロトニンが自閉症発症メカニズムに関与する可能性を明らかにした。研究では脳内セロトニンの役割についての新事実を解明したとともに、発達期におけるセロトニンの重要性を明らかにしている。

 今回、研究グループは、ヒトの15番染色体重複と同じゲノム異常を持つモデルマウスを解析。セロトニンの供給元である中脳の縫線核の働きの低下及びセロトニン神経の投射先である大脳皮質での感覚刺激の応答異常を発見した。さらには、モデルマウスの発達期にSSRIを投与することで脳内セロトニン量を回復させ、上記の異常を改善することに成功。同療法によって、モデルマウスの社会性行動異常が改善された。

 自閉症の神経伝達系の変調に働きかけ、症状を軽減するのに点鼻方式のオキシトシンスプレーの有効性が示されているが、同様にセロトニンを用いた実用的な治療法についても研究が進められることが期待される。(編集担当:久保田雄城)

posted by ひこーきパパ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害男性、熱中症死 送迎車内に6時間半

障害男性、熱中症死 送迎車内に6時間半

https://mainichi.jp/articles/20170714/k00/00m/040/078000c

 13日午後3時25分ごろ、埼玉県上尾市戸崎の障害者施設「コスモス・アース」の女性職員から「男性利用者が送迎車の中で口から泡を吹いて倒れている」と119番があった。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。熱中症とみられる。県によると、職員が送迎車から男性を降ろし忘れ、約6時間半車内に取り残されたとみられる。県警上尾署は施設の安全管理に問題がなかったか職員らから事情を聴いている。

 県や施設によると、亡くなったのは同市内の男性(19)。施設は13日朝にワゴン車で男性を迎えに行き、午前9時ごろ施設に到着した。車には運転手と利用者5人の計6人が乗っていたが、男性だけが車内に取り残され、運転手や職員は全員が降りたことを確認しなかったという。男性は普段の生活では介助を必要としなかった。救急隊が到着した際には心肺停止状態で体温が41.4度あった。

 関係者によると、男性は自閉症で今春から施設に通い始めたという。上尾市と隣接するさいたま市では同日の最高気温が正午過ぎに33.1度を観測した。

 ホームページによると、知的障害者や精神障害者の通所施設で定員40人。2014年に開設された。施設の大塚健司管理者(75)は13日夜、報道陣の取材に応じ「全員が車を降りたことを十分確認しないなど、職員の連携が不足していた」と陳謝した。ワゴン車は通常、後部座席のドアが内側から開かないようロックを掛けていたという。

 10年7月には千葉県木更津市の高齢者福祉施設で、利用者の女性(当時81歳)が炎天下の車内に約8時間置き去りにされて死亡した。女性は体が不自由で外に出られなかったとみられる。

************************
本当に信じられない、あってはならない事件である。
ご冥福を祈ります。
posted by ひこーきパパ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害は結婚のハードルになる?〜約500人の障害当事者に聞いた結婚意識調査〜

障害は結婚のハードルになる?〜約500人の障害当事者に聞いた結婚意識調査〜

https://www.value-press.com/pressrelease/186402

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤均)は、昨今、障害者の社会進出やライフスタイルへの関心が高まりつつある中、運営する調査・研究機関『障がい者総合研究所』にて【障害者の結婚】をテーマにした調査を実施致しました。

■■調査概要

対象:障がい者総合研究所に登録しているアンケートモニター478名
   (身体障害:49% 精神障害:50% 知的障害 1%)
調査期間:2017年6月9日〜2017年6月14日

■■調査の背景

世の中には、健常者の方々を対象とした結婚に関する調査は数多くありますが、障害者にスポットをあてた調査はこれまでほとんどありませんでした。

障害者の未婚率(※1)は健常者に比べて非常に高いと言われており、今回の調査を通じ、当事者の結婚観やニーズを明らかにできればと考え調査いたしました。

(※1)健常者・障害者別の配偶者の有無
健常者:約26%
身体障害者:約35%
精神障害者:約64%
知的障害者:約97%

■■調査結果
1. 調査対象者のうち、結婚していない人の割合は74%。そのうち「いずれ結婚するつもり」という人は66%

2. 71%が「障害は結婚の支障になる」と回答。

《フリーコメント抜粋》

・行動が制限されるため、私ではなく健常者の方とお付き合いしたほうが、相手の幸せになるのではないかと考え込んでしまう。
・自分は発達障害でコミュニケーションに問題があり、知らず知らずのうちに相手を傷つけている場合がある。
・自分の障害で、好きになった人の人生にハンディを加えたくないから。また、自分の収入が低いため、結婚を考えた交際は躊躇するから。

3. 恋愛と結婚は違うと思う人が58%。
《フリーコメント抜粋》

・恋愛は自立していなくてもできるし責任を伴わない。結婚は自立していくことが必要で、相手に対して責任が伴う。
・結婚すると、自分が決して見られたくない所まで見られる気がする。体調が優れなくても家事をしなければならないなど、家庭内の負担が独身の頃よりも多くなると思う。
・障害や病気について、相手だけでなく、相手の親兄弟の理解や時にはサポートが必要となる点。また、いくら理解があっても生活で実際に不便を感じると結婚生活や妻としての私に不満が出てくると思うので、結婚と恋愛は違うと思う。

続きを読む
posted by ひこーきパパ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

高齢パパの息子は「オタク度」高め? 7800組の双子を調査 英国

高齢パパの息子は「オタク度」高め? 7800組の双子を調査 英国

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20769.html

「オタク」というと、日本ではアニメや漫画、ゲーム、アイドル、鉄道など特定の分野に強い興味を抱く「ちょっとイタイ人」という意味で使われることが多いが、欧米の「Geek(ギーク)」の場合、人付き合いは得意じゃないけれど、特定の分野では誰にも負けないスゴイやつというポジティブな使い方をされることが多い。英国の研究チームは、12歳の双子7781組を対象にした調査で、父親の年齢が高いときに生まれた息子ほど「オタク(ギーク)指数」が高くなるという研究結果を発表した。

 精神医学雑誌『Translational Psychiatry』に掲載された論文によると、英ロンドン大学キングスカレッジと米国マウントサイナイ医科大学シーバー自閉症センターの共同チームは、双子の遺伝学研究の一環で、英国に住む7781組の12歳の双子について、 言語を使わない知能検査や対人関係への関心の度合い、自分を良く見せようとする傾向など、いくつかの側面を点数化するテストを行って、「オタク指数」を出した。

 その結果、男の子ができたときの父親の年齢が35歳を超えると、オタク指数が顕著に高くなることがわかった。とりわけ、父親が51歳のときの息子は、25歳未満の若い父親の息子に比べて、理系の分野で高得点を取る確率が32%高かった。

 一方で、女の子のオタク指数と父親の年齢との間に関連性は見つからず、研究チームは「女の子には父親から受け継がれる可能性が高いオタク傾向を打ち消す生物学的性質が備わっているのかもしれない」と指摘している。

従来の研究では、高年齢の親から生まれた子供は、自閉症の可能性が高くなると指摘されてきた。自閉症はオタクとは質的に異なる発達障害を指すが、学者やエンジニア、ミュージシャンなど特定の専門家集団には、「範囲の広い自閉症表現型(BAP)」と呼ばれる、比較的軽度の症状の人たちが存在する。

 ロンドン大学キングスカレッジのマグダレーナ・ジャネッカ博士は「オタク指数の高い子供が、高学歴や輝かしいキャリアを期待できるよう示すことは、同時に高年齢の父親の心の重荷を軽くできるかもしれない」と述べて、今後も研究を続けるとしている。
posted by ひこーきパパ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害の乗客にも快適なフライトを。世界の空港が変わり始めた

発達障害の乗客にも快適なフライトを。世界の空港が変わり始めた
[The New York Times]

https://www.cafeglobe.com/2017/07/063161nyt.html

アイルランド・クレア州に住むギアロイド・マニオンさんと妻のミシェルさんにとって、自閉症の息子たち、コナーくん(9歳)とダラーくん(7歳)を連れての空の旅は、悪夢以外の何ものでもない。

空港の騒音、人混み、絶え間ないアナウンス、いずれも子どもたちには堪え難いものだし、荷物検査場や搭乗ゲートでなぜ列を作って待たなければいけないのか、彼らには理解できないからだ。

「すぐに顔を真っ赤にして、走り回ったり、泣き叫んだりしてしまうんです。出口に向かって一直線に駆けて行くこともあります。とにかく家に帰りたくなるんですね」と、ギアロイドさん。

しかし、先日、スペイン・マラガへの家族旅行で、アイルランドのシャノン空港を利用した時の経験は、一家に大きな希望を与えてくれた。同空港が、自閉スペクトラム症(ASD/自閉症、アスペルガー症候群などを含む発達障害)の乗客も快適に施設を利用できるサービスを開始したと知ったギアロイドさんは、事前にカスタマーサービスに問い合わせたのである。

新コンセプトのラウンジ「センソリールーム」

チェックインの際、ASD患者が一緒であることを示すリストバンドとオレンジ色の帽子を渡された一家は、荷物検査場の行列を飛び越えて先頭へと優先され、そして、コニーくんやダラーくんのように神経が過敏な人が寛げるよう配慮された新設のラウンジ「センソリールーム」に向かった。

この部屋は、外部の音を遮断する防音仕様で、波打った壁や色が変わるLEDライト、ビーンバッグチェアなどのインテリアが、明るく落ち着いた雰囲気を醸し出す。さらに搭乗の際も一番最後に案内され、列に並ぶ必要がなかった。ギアロイドさんは「これまでとは違い、実に楽でした」と話す。

******************
続きがあります。国際的なので、読みたい方はURLから。
日本の空港も頼めば、特別にしてくれます。
利用した方が徳です。
posted by ひこーきパパ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者へのICT活用研修会のご案内

障害者へのICT活用研修会のご案内

平成29年度パソコンボランティア指導者養成事業
「障害者へのICT活用研修会」の募集を開始いたしましたのでご案内をさせて頂
きます。

通常研修

第1回(東京)2017年9月2日(土)〜9月3日(日)
第2回(大阪)2017年11月18日(土)〜11月19日(日)
第3回(福岡)2017年12月9日(土)〜12月10日(日)
第4回(東京)2018年1月13日(土)〜1月14日(日)

特別研修

マルチメディアDAISY製作研修(東京)

2018年1月27日(土)〜1月28日(日)

受講をご希望の方は、以下のページより、実施要綱、研修科目の概要、実施予定
をご確認の上、研修申し込みフォームよりお申し込み下さい。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/

研修内容につきましては、以下のページ「研修科目の概要」をご覧ください。
http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/course.html

皆様のご参加をお待ちするとともに、周知・広報のご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせ先
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
パソボラ事務局
E-mail:pcv@mx1.jsrpd.jp
TEL:03-5273-0796 FAX:03-5273-0615
posted by ひこーきパパ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

「踏むな 育てよ 水そそげ」山下清と仲間の絵が教える教育の姿

「踏むな 育てよ 水そそげ」山下清と仲間の絵が教える教育の姿

http://www.sankei.com/column/news/170713/clm1707130006-n1.html

20代初めの頃、画家、山下清を描いたドラマ「裸の大将放浪記」への出演が決まり、ロケ先へ向かう空港で主役の芦屋雁之助さんにお目にかかった。

 ドラマでおなじみのランニングシャツに半パン、げたではなく、普段の雁之助さんは洋服姿だ。子供の頃からドラマを見ていたせいか少しギャップを感じる。私の中で雁之助さんと役の山下清がダブっていたことを自覚した。

 山下清のイメージは映画やドラマで作られたところが大きいが、現在、埼玉県狭山市立博物館で開催中の「山下清とその仲間たちの作品展」(8月20日まで)を鑑賞し、本来の山下清の姿に触れた。

 清は貼り絵が有名だが、その才能を育てたのが八幡学園(千葉県市川市)だ。昭和3(1928)年、全国8番目の知的発達障害児入園施設として開園した。清が入園したのは9年、12歳の時。その前年に園児の作業として取り入れられたのが貼り絵だった。

 18歳の頃、清は学園を出奔し全国を放浪した。時折学園に戻っては放浪先で出会った風景などを貼っていたという。ドラマでは一宿一飯のお礼にその地にまつわる貼り絵を残したが、実際は学園や実家で創作していた。学園は清の原点なのだろう。
posted by ひこーきパパ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんな人にも役割が与えられて、共に生きている 映画「はたらく」完成

どんな人にも役割が与えられて、共に生きている 映画「はたらく」完成

http://www.christiantoday.co.jp/articles/24096/20170713/logosfilm-hataraku.htm

映画「はたらく」のメディア・招待者向け試写会が1日、東中野キングスガーデン(東京都中野区)で開催された。3年の歳月をかけて作られた渾身(こんしん)の作品は、障がいを持つ1人の青年の働く姿を通して、誰にも確かな役割が与えられていることに気付かせ、日々生きづらさを抱える人々に生きる希望を指し示す映画だ。

この映画を制作した「ロゴスフィルム」代表で映画監督の齋藤一男さんは2005年、日本バプテスト連盟中野バプテスト教会で洗礼を受けたクリスチャン。07年から知的障がい者の集う福祉施設で非常勤職員として働きながら、映画の製作、配給、宣伝まですべて行っている。また、自宅を開放してロゴス教会として開拓伝道もしている。

常に弱さの中にある人の側に身を置き、生きることの意味や愛することの尊さを撮り続けてきた齋藤監督。4本目となる今回の映画「はたらく」では、実際に自閉症のある「しょうへいさん」を主役に、「仕事、働く、幸せ、豊かさ、福祉とは何か」を観る者に問い掛ける。そして今回も、ドキュメンタリーとフィクションが溶け合った独特の映像作品となった。

物語は、映画監督のさいとうがしょうへいさんに新作映画「はたらく」の主演を依頼するところから始まる。さいとう監督の申し出に快諾するしょうへいさん。その時からしょうへいさんの仕事は「演技をする」ことになる。ただ、自閉症のあるしょうへいさんにとってルーティン作業でない演技の仕事は難しいことが多く、演技がなかなかできない。頭を抱えてしまうさいとう監督に、一緒に練習をする3人の俳優仲間が与えられる。彼らの協力により、しょうへいさんの「演技力」は徐々に引き出されていく・・・。

齋藤監督がしょうへいさん役の長田翔平さんに出会ったのは10年ほど前。長田さんは、齋藤監督が映画製作の資金作りのために働くことになった福祉作業所の利用者だった。
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

アンガーマネジメントで高齢者虐待を防止

http://www.caretomo.com/carenews/85919

2017年8月8日(火)、都城市は、高齢者虐待防止研修会を開催する(13:30開始、15:30終了)。

今回の高齢者虐待防止研修会のテーマは、「高齢者虐待防止とアンガーマネジメント〜自分のアンガータイプを知ろう〜」。江口智美氏(社会福祉法人まりあ 特別養護老人ホームまりあ施設長)を講師に迎え、アンガーマネジメントについて学ぶ。

このほか、養介護施設従事者などによる、高齢者虐待の現状や、防止策、権利擁護の取り組みも学べる。

アンガーマネジメントを学ぶと、介護者は、メンタルヘルスを保つことができるほか、「怒り」や「ストレス」による、高齢者への身体・精神的な暴力も回避できる。

申し込み方法
会場は、都城市中央公民館(都城市姫城町7街区8号)の1階にある、大会議室。高齢者虐待防止研修会への申し込み方法は、都城市のホームページにある、出席票をメール(kaigo@city.miyakonojo.miyazaki.jp)、またはファクス(0986-23-2143)にて、提出する(締め切りは8月3日)。

定員は80名。対象となるのは、都城市内の特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、短期入所施設に従事する人。

問い合わせ先は、都城市介護保険課指導担当(電話:0986-23-2688)。
posted by ひこーきパパ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスではついに、インフルエンザワクチン接種が義務付けられる

フランスではついに、インフルエンザワクチン接種が義務付けられる

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0712/kpa_170712_4675503161.html

毎年猛威を振るうインフルエンザ。ウイルスは多種多様に進化するため、毎年違った型が流行する。

 インフルエンザを予防するためには予防接種なる注射をすることが一般的となったが、ワクチンの効果を信用しなかったり、科学的根拠のない噂のせいで、ヨーロッパやアメリカでは、自分の子どもには予防接種を受けさせない、という親が増えてきたらしい。

 そのため、フランスではワクチンを義務化する法律が制定されたそうだ。

【フランスの現状】

 最近行われたアンケート調査の結果、ワクチンにリスクを上回る効果があると答えたのはほぼ半数の52%にすぎず、10人中3人のフランス人がワクチンを信用しないと回答した。

 2008年から2016年の間に、フランスで発生した麻疹は2万4千件以上。1,500人が重篤な合併症を起こし、10人が死亡しているにもかかわらずだ。

ワクチンは信じないが根拠のない噂を信じる人々】

 一部の親が子どもに予防接種を受けさせない理由の一つは、「ワクチンが自閉症を引き起こす」という説だ。この説は既に、根拠がなく、誤りであることが暴かれている。

 ここに至って、行動を起こす必要に迫られたフランス政府は、2018年から、子どもにワクチン接種を受けさせることを、全ての親に対して法律で義務付けた。

【11種のワクチン接種を義務化】

 フランスは、最も早くからワクチンが創り出されていた国のひとつだ。ルイ・パスツールが狂犬病と炭疽症のワクチンを開発したのは19世紀のこと。そのフランスで、予防可能なはずの病気によって子どもを死なせてしまうことは「受け入れられない」とエドゥアール・フィリップ首相はいう。

 「いまだに子どもが麻疹で死んでいます」とフィリップ首相。「パスツールの祖国で、です。これは許容できることではありません」

フランスでは、ジフテリア、破傷風、ポリオ(小児麻痺)の3種類のワクチンは、現在でも義務付けられている。新しい法によって、麻疹、ポリオ、百日咳、おたふくかぜ、風疹、B型肝炎、肺炎(肺炎球菌感染症)、インフルエンザの8種が加わり、世界的に推奨されている11種のワクチンが義務付けられることになる。

 アニエス・ビュザン保健大臣が "Le Parisien" 紙に語ったところによると、新法が制定されたのは、必要に迫られてのことである。

 「私は強制が嫌いです、私の気性に反したことです。しかし、非常事態でした」とビュザン大臣。「義務化が社会の発展を可能にする場合もあるのです」

*************************
ヨーロッパもアメリカと同じ考えの親が多いのか!!!
posted by ひこーきパパ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

鹿児島で震度5+ 初めてかも

鹿児島で震度5+ 初めてかも

本日正午前に鹿児島南部地方に大きな地震が起きました。
私は国分で、3階の実験室に居ました。
これから食事に行こうかなと思って立ったら、携帯からアラームが、、、、
すると、揺れ始めた。結構長かった。
関東に住んで居た頃を思い出す。
周りの人と「大きかったね」と言いながら、また、日向灘沖かなと思っていた。
食堂に行くと、テレビで地震ニュース速報中。
何と、喜入付近が震源。しかも指宿で震度5−
私が生まれてこのかた、指宿で震度5を記録した記憶がない。
かなり前に川内の断層で5を記録していたが、
まさか、断層があると聞いた事のない指宿で震度5は凄い事である。

日石喜入基地の大昔建設の100mタンクを心配した。
でも、M5 程度だったので、大丈夫かな・・・

あまり、ニュースを見ていないのですが、
震源を見て、阿多カルデラの外輪を想像した。
もしかしたら、この後、開聞岳が噴火するかもと思った。

私も鹿児島にUターンして、地震の経験が少なくなり、
少し揺れただけで、緊張する。

北九州では大雨、、、神様のお怒りが起きているのか?

防災意識を高めないとね!!!
posted by ひこーきパパ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ADHD、神経回路の異常が影響

ADHD、神経回路の異常が影響
福井大発達研究センター発表

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/214942

気が散りやすく、落ち着きがないなど行動の障害がみられる注意欠陥多動性障害(ADHD)について、福井大子どものこころの発達研究センターは10日、遺伝子の型の違いと脳の一部の神経回路の異常が影響していることが分かったと発表した。磁気共鳴画像装置(MRI)の脳画像データなどから突き止めた。

 現在は症状によって診断されているADHDが、遺伝子や脳機能などに基づき診断、治療につながる可能性がある成果という。

 福井大や大阪大など国内5大学が連携する発達障害研究の大学院の院生で、福井大医学部附属病院子どものこころ診療部の水野賀史(よしふみ)特命助教、福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授らによる共同研究。7日付の英国科学雑誌に掲載された。

 ADHDは、衝動を抑制したり、計画を立てたりする「実行機能」能力の障害が主な要因の一つとされている。実行機能は大脳の前頭前野(ぜんとうぜんや)と小脳間の神経回路が関与していることは分かっていたが、ADHDの場合、この神経回路に異常があるかどうかは確認されていなかった。

 研究チームは、磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影した7〜14歳の複数の健常児とADHD児の脳画像を比較。ADHD児は、この神経回路の機能的な結合が健常児に比べて弱く、結合の度合いは遺伝子の型によって差が生じていることが分かった。水野特命助教は「ADHDの脳画像の研究を進め、一人一人の原因に応じた治療につなげていきたい」と話している。
posted by ひこーきパパ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

講演会等 東京

講演会等 東京

https://mainichi.jp/articles/20170710/ddl/k13/040/008000c

■シンポジウム「子どもの貧困を問う」

 15日13時〜17時半、法政大学市ケ谷キャンパス・ボアソナードタワー26階(千代田区・市ケ谷駅)。「子どもの貧困」の背景にある構造変化を、英国をはじめとした欧州連合の経験を踏まえつつ、国際比較の観点から幅広い視野で議論する。参加無料で、事前申し込み不要。同大大原社会問題研究所(042・783・2305)

■発達障害当事者会フォーラム〜当事者会の現状とこれからを考える〜

 17日12時半〜16時半、北とぴあ・ペガサスホール(北区・王子駅)。昨年「発達障害者支援法」が改正されたことを受け、「発達障害当事者協会」「発達・精神サポートネットワーク」は昨年度初めて全国規模の成人当事者会の調査をした。調査から見えた課題、支援、当事者会が果たす社会的役割などを学識経験者や当事者会と考える。参加費3000円(当事者は1000円)。フォーラムのウェブサイト(http://neccocafe.com/event/20170717.html)か電話(080・4173・5840)で要事前申し込み。

■カンボジアセミナー

 29日13〜16時、JICA地球ひろば(新宿区・市ケ谷駅)。カンボジアの子どもたちに教育支援をし、同国で児童養護施設「夢ホーム」を運営する「21世紀のカンボジアを支援する会」が、活動内容や現地の様子などを報告する=写真は現地に井戸を設置した時の様子。カンボジアの言語「クメール語」のあいさつなど日常会話も学ぶ。参加無料で、要事前申し込み。同会(03・3991・2854)
posted by ひこーきパパ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国障害者問題研究会第51回全国大会九州鹿児島大会

全国障害者問題研究会第51回全国大会九州鹿児島大会

全国障害者問題研究会

http://www.nginet.or.jp/news/51kagoshima/index51.html

大会 テーマ
ネクスト50 〜発達保障のバトンをつないで

8月5日 全体会
13:00〜16:10
記念講演:ひとり芝居「憲法くん」

8月6日 分科会・学習講座
9:30〜16:00
41の分科会、3つの学習講座

詳細は上記 URL をご覧ください。
20170625_2355313.jpg
posted by ひこーきパパ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

発達障害 生きづらさの理由

発達障害 生きづらさの理由

https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20170630/document.html

リラさん

自閉スペクトラム症のリラさんは、8年前に「双極性障害(そううつ病)」と診断され、現在は無職。2週間に一度、就労支援の相談に通っている。精神的に追い詰められたのは、どの職場にもなじめなかったのが原因だ。食品工場での勤務は、音や臭いがつらいと感じていたが、なかなか言い出せず、結局辞めざるをえなかった。事務の仕事では、日常の何気ない会話が苦手で、人間関係をうまく築くことができなかった。リラさんを苦しめているのは、周囲から求められる「普通」という基準だ。

「社会の求める普通とか、社会が求める人材とかって、挙げていけばいくほど私からはかけ離れて、何がどう変で、何をどう改善すればいいかわからなくて困っています。『普通こうだよね』って言われたら、合わせるのが難しいけど、でも(普通と)ずれてるって自覚しているんだったら、埋める努力をしろよということ。だから、なんとか埋める努力しなきゃいけないのか、は〜って思っています。」(リラさん)

理絵さん

小学生のころはランドセルの中は、いつもぐちゃぐちゃ。整理整頓も苦手。授業中は落ち着きがなく、いつも体を動かしています。周囲からすれば集中力もなく、よそ見ばかりで授業はほとんど聞いていないように見えてしまう。

しかし本人は、世界を違うように捉えている。例えば最初は真剣に授業を聞いていても、一度、教室に貼られた音楽発表会のポスターを見てしまうと、頭はポスターのことでいっぱいになり、さらに、ポスターに描かれたト音記号のことを考えてしまうなど、授業のことは完全に忘れてしまう。その後、われに返っても、またすぐに違うものに注意が向いてしまうのだ。

ADHDと診断された理絵さんは大人になったいまも、1つのことを集中して行うのが苦手。部屋を片づけようとしても注意がほかに移ってしまい、最後まで片づけることができない。
「捨てる捨てないの判断ができないんですね。どうしてもADHDとかっていうのは、だらしなくて、みっともないって見えることが多いのですが、本人も困っているけど、どうしようもない状態っていうことを理解してもらえるとありがたいです。」(理絵さん)
posted by ひこーきパパ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする