2017年08月21日

発達障害の子どもの思い伝えたい 音楽家の父親が横浜で26日 /神奈川

発達障害の子どもの思い伝えたい 音楽家の父親が横浜で26日 /神奈川

https://mainichi.jp/articles/20170821/ddl/k14/040/004000c

横浜市港南区のミュージシャン、うすいまさとさん(43)が26日、横浜市港北区の横浜ラポールでライブ&トークイベント「大丈夫!発達障害だって、その子らしく成長していく」を開く。横浜ラポールの開館25周年の記念事業で、うすいさんは「発達障害の子どもたちの思いをポジティブに伝えたい」と張り切っている。

 うすいさんは自閉症のある長男直人さん(16)と長女ひとみさん(11)と生活するなかで、「言葉が少なくてもさまざまな気持ちや豊かな心があると強く感じた」という。「彼らにも思いがあることを知ってもらいたい」との思いが強くなり、自ら歌を作曲。「声にならない思いを伝えていきたい」と、歌と講演を中心に啓発活動を続けている。

 26日のイベントでは、障害があっても一人一人にいいところがあるという思いをこめて作った「いいところ応援歌」などの歌を披露するほか、子どもたちの成長過程や学びの挑戦、向き合い方などの経験談を披露する予定。うすいさんは「子育て中の親をはじめ、子どもと関わっている方に来てもらえるとうれしい」と話している。

午後2時開演。要予約。問い合わせは横浜ラポール(045・475・2055)。
posted by ひこーきパパ at 20:36| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害に特化した就労移行支援事業所「GIFTED ACADEMY」がLINEスタンプを発売

発達障害に特化した就労移行支援事業所「GIFTED ACADEMY」がLINEスタンプを発売

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000006.000021024&g=prt

GIFTED AGENT株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:河崎純真)が運営する発達障害者向けの就労移行支援事業所 「GIFTED ACADEMY」では、2017年8月17日より、LINEスタンプの販売を開始いたしました。

LINEスタンプシミュレータ(http://line.g-at.net/)で作成

注意欠陥・多動性障害(ADHD)、注意欠陥障害(ADD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)、学習障害(LD)の特性や、感覚過敏などを表した、ほのぼのとしたスタンプです。障害の有無に関わらず、幅広くご利用いただけます。
こちらのスタンプは、発達障害の当事者であるGIFTED ACADEMYの利用者がプロジェクトを発案し、制作、宣伝までを行いました。その他にも、Gifted Fashionや、オリンピック・パラリンピックマスコット制作など、利用者自身が様々なプロジェクトを立ち上げ、実行しています。

「発達障害ほのぼのスタンプ」概要

・販売開始日:2017年8月17日
・全40種類
・価格:1セット120円(税込)/50LINEコイン/100LINEポイント
・URL:https://line.me/S/sticker/1521623
・facebook:https://ja-jp.facebook.com/giftedacademy.tokyo/posts/1901407726846716

〈GIFTED ACADEMYについて〉

大人の発達障害者を対象とした障害者就労移行支援事業所です。VR/ARコンテンツを制作する3Dプログラミング、3DCGデザインや、コンテンツマーケティング、データサイエンスといった従来の事業所にはないコースを提供し、発達障害者の経済的な自立、精神的な自律を目指しています。
・URL:http://www.gifted.academy/
・facebook:https://ja-jp.facebook.com/giftedacademy.tokyo/

〈GIFTED AGENT株式会社について〉

「いい感じの社会をつくる」を企業理念とした就労移行支援施設GIFTED ACADEMYの運営会社です。
事業内容:研修事業、人材紹介事業、システム開発事業、コンサルティング事業
・URL:http://giftedagent.com/
posted by ひこーきパパ at 20:27| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症スペクトラム体験もとに説明「障害ではなく少数派」

自閉症スペクトラム体験もとに説明「障害ではなく少数派」

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/456400

「違う文化持つと理解を」

 自らが自閉症スペクトラム(ASD)で体験をもとにピアカウンセラーとして活動している齊藤麗子さん(36)=みやき町=が18日、基山中の特別支援教育研修で講演し「ASDは障害ではなく、違う文化を持つ少数派と理解して」と語りかけた。

 参加した同校教諭約20人を前に、自らの体験を織り交ぜながらASDの人たちに見えている世界や抱えている思いなどを話した。

 生まれながらの脳の機能の違いから起こる発達障害の一つがASD。齊藤さんは長女が1歳のころ、なかなか寝ないで夜中に1人で遊んだりしていたことから発達小児科を受診して、長女も自分もASDであることが分かった。

 ASDは言葉に込められた意味や暗黙の了解といったものを理解するのが難しいとされる。齊藤さんも小学校に入学したとき、先生が話す「担任」や「チャイム」「休み時間」などの言葉の意味が分からず不安ばかりの中で過ごしていた。一方で、教科書を写真のように記憶できて成績が良かったため、だれも障害を持っていることに気づかなかったという。

 その上で、「ASDは脳のタイプが違う少数派だと理解してほしい。何が世の中の常識かというのを教えてもらわなければ分からないので、早期に診断を受けて幼いころから身に付けさせていくことが大切」と強調し、学校でのサポートのやり方なども説明した。

 教職員を前に講演したのは初めてで緊張したと言いながらも「ASDの子どもたちに耳を傾け、いいところを見つけてどんどん褒めて伸ばしていってほしい」と締めくくった。

 馬場司教頭は「齊藤さんの話を聞いて大変参考になった。今後の教育に生かしていきたい」と感想を述べていた
posted by ひこーきパパ at 20:26| Comment(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

花風社 秋の講演会

花風社 秋の講演会

お世話になっております。花風社の浅見です。

ブログ等で告知しておりますとおり、9月23日、ダブルヘッダーの講演会を行いま
す。
ここにご案内させていただきます。

その1

午後の時間帯に、「子どもサポートネットワーク研究所」さん主催の浅見淳子による
『発達障害、治るが勝ち!』出版記念講演会が行われます。
本書の出版に至った経緯はもちろんのこと、「二次障害」「内外情報格差」など最新
の知見もふんだんに盛り込んで盛りだくさんの時間にするつもりで準備しておりま
す。
どうぞ奮ってご参加ください。

お申込み・詳細は下記をごらんください。

http://www.kokuchpro.com/event/58f225146a7863461465dc9feeea4798/

その2

同日夜、花風社主催による貴重な勉強会を行います。
『自閉症者の犯罪を防ぐための提言』でテーマにしました浅見自身が背負った事件の
担当刑事さんが民間人となり、発達支援の世界でお仕事をされています。
元刑事ならではの視点で見た発達障害、および必要な遵法教育について、徹底的にお
ききする時間を設けたいと思います。めったにない体験を語っていただけると思いま
すので、どうぞこちらも奮ってご参加ください。昼間の講演もお申し込みの方は、こ
ちらの講演では半額にいたしますのでその旨お申し込みのときにお申し添えいただけ
れば幸いです。
詳細は以下の通りです。

勉強会テーマ 真剣に「共存」を考える――元刑事が見た発達障害
 元刑事の立場から、発達障害と社会との共存をどう考えるか、必要な遵法教育とは
どういうものか、ご意見を語っていただきます。

講師 榎本澄雄氏(元警視庁警部補・麻布署知能犯担当主任刑事) インタビュアー 
浅見淳子
日時 9月23日 土曜日 18時から20時
場所 港北公会堂 第一会議室(東横線大倉山駅そば)
料金 3000円 ただし同日開催の「浅見淳子、『発達障害、治るが勝ち!』出版記念
講演会にお申し込みの方は1500円)
申し込み方法 花風社あて(mail@kafusha.com)にメールで
1 お名前
2 参加人数
3 連絡先メールアドレス
をお送りください。出版記念講演と同時お申し込みの場合にはその旨お書き添えくだ
さい。こちらから手続きの返信を送りますので、kafusha.comからのメールが受け取
れるように設定をお願いします。

たくさんの皆さまとお目にかかれますのを楽しみにしております。

浅見淳子@花風社

=====
(株)花風社
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-18-5
電話 03-5352-0250
ファクス 03-5352-0251
mail@kafusha.com
http://www.kafusha.com
posted by ひこーきパパ at 10:37| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海流発電の実証実験 発電成功 鹿児島 トカラ列島沖

海流発電の実証実験 発電成功 鹿児島 トカラ列島沖

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170820/k10011105301000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

海の流れを利用して電気を起こす「海流発電」の実証実験が、鹿児島県のトカラ列島沖で行われ、黒潮を利用してタービンを回し、最大で30キロワットの発電に成功しました。

「海流発電」は、海の流れを利用して巨大なタービンを回し電気を起こすもので、NEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構と、大手機械メーカーのIHIが鹿児島県のトカラ列島にある口之島の沖合、およそ5キロの海で今月14日から実証実験を行っていました。

その結果、水深20メートルから50メートルの海中に沈められた実験機のタービンが黒潮の流れを受けて回転し、最大で30キロワットの発電に成功したということです。NEDOとIHIによりますと、本格的な実験機を使って、実際に海流を利用した発電に成功したのは、世界で初めてだということです。

IHI技術開発本部の長屋茂樹部長は「目標としていた黒潮での発電を達成した。口之島の沖合の海域は流れの強さや方向が安定しているので、実用化に向けて流れを詳細に調べていきたい」と話していました。

世界的にも強い海流とされる黒潮を利用すれば、太陽光発電より安定した発電ができると期待されていて、NEDOとIHIは今後、発電コストの検証などを行い、平成32年の実用化を目指すことにしています。

*************************
太陽と違って、24時間常に変換できますから、安定していますね。
でも、漁船等の邪魔をしない様に沖合に設置すると、送電のロスが発生する。
交流で発電できれば、長距離が可能だが、直流発電だと、交流変換する必要がある。
電圧を上げるためにも、交流が必須だ。
寄与できると良いなあ・・・・
posted by ひこーきパパ at 09:21| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知)「助けます」マーク考案 障害者らが声かけやすく

愛知)「助けます」マーク考案 障害者らが声かけやすく

http://digital.asahi.com/articles/ASK7F463YK7FOIPE00P.html?rm=332

 発達障害がある通信制高校3年の酒井晃太さん(17)=東郷町白鳥3丁目=が、外見からは分かりづらい病気や障害のある人を手助けする意思を表す「サポートハートマーク」をつくった。「お声がけください」と示されることで、障害者らが助けを求めやすくなるという。ハートが重なるマークに「思いやりにあふれた社会になってほしい」との思いを込めた。

 名古屋市内の県立高校に通っていた酒井さんは2015年8月、人間関係や環境の変化に対応できずパニック障害の発作が起こるようになり、アスペルガー症候群と診断された。さらに精神が不安定になる「気分変調症」も重なった。

 酒井さんは「学校では教師の理解が得られず、病気を否定されたり、大声で怒鳴られたりして精神的につらかった」と振り返る。

 ログイン前の続き薬を服用すると眠くなり、地下鉄などで立っているのも辛いことも。周囲はスマホをいじったり、眠ったりしている人が多く、しんどくても助けを求めることができなかったという。

 昨年2月、症状が重くなり、約1カ月間、入院した。退院後、通信制高校へ転校。現在は症状も落ち着き、アルバイトをしながら勉学に励んでいる。

 酒井さんは自らの経験から、「見えない病気や障害を持つ人と、周りの人の思いをつなぐことができれば」と考えた。4月、たった1人で「見えない疾患・障害啓発プロジェクト実行委員会」を立ち上げた。

 まずは、援助を求める人が具体的に何をしてもらいたいかを書き込む「手伝ってカード」を制作。6月には支援する人が、その意思表示をする「サポートハートマーク」をつくった。

 縦10センチ、横5センチで「疾患・障害をお持ちの方 サポートします お声がけくださいね」と書かれている。三つに重なったハートは思いやりの輪が地域や社会で大きく育っていくことをイメージした。

 見た目では分からなくても手助けが必要なことを伝える手段として、「ヘルプマーク」や「見えない障害バッジ」などが知られている。一方、助けを求めている人に対し、「声をかけてください」などと支援できることを示すマークはほとんどないという。酒井さんは「やさしさの意思表示をする人が増え、このマークがたくさんの人の力になればうれしい」と話す。

 マークは1枚200円。ひも付きは250円と300円。同実行委員会のホームページで販売している。売り上げの10%は、豪雨災害被災地への義援金として日本赤十字社に寄付する。

 マークの購入と問い合わせは、同実行委員会の電子メール(project−all@mienaiproject.jp)へ。

**********************
我が家も小さい頃、ちよっと目を離したすきに消える事があり、
障害児である事を知ってもらう事と、もし迷子の時の為に、
外出時はいつも上記記事の様なワッペンを肩にぶら下げていました。
今はそれほど、素早く消える事がなくなったので、付けていません。
posted by ひこーきパパ at 08:47| Comment(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声量を学べるアプリ 発達障害の子供支援で無料配信

声量を学べるアプリ 発達障害の子供支援で無料配信

https://www.kyobun.co.jp/news/20170818_01/

貝ITALICOはこのほど、発達障害の子供を支援するスマートフォンアプリの新作として、ゲームアプリ「こえキャッチ」の無料配信を開始した。スマートフォン・タブレットの音声入力機能を利用し、発達障害のある子供にとって難しいとされる、“声の大きさのコントロール”を楽しく学べる。

対象年齢は3歳から。同アプリのサイトからダウンロードできる。

「声量のコントロール」は、他者とコミュニケーションを図る上で重要な要素だが、目に見えない概念を理解しづらい発達障害のある子供にとって、時や場所など、環境に合わせて適切な大きさの声を出す行為が困難な場合がある。

同アプリは、マイクに向かって声を出すと、かごを持った動物たちが、木から落ちてくるスイーツを受け止める仕組み。指示されるボリュームに合わせて声を出すことによって、声の大きさという抽象的な概念を視覚的に捉えられるようになり、日常生活に適した声の大きさの理解につなげるねらい。

同社は今年4月から、発達障害のある子供を支援するスマートフォンアプリの配信を開始。5月に配信した、時間の経過の理解を支援するアプリ「ねずみタイマー」は、2カ月で35万以上のダウンロード数を記録した。海外からの利用者も多く、英語版のアプリも同時にリリースしている。

***********************
発音の大きさを制御しにくいのは事実かもしれない。
我が家は逆に、テレビの音量を大きくしたがる。
最大にされた事もある。スピーカが壊れるかもと思った事もあった。
それで子供達の個人のテレビには最大ボリュームを70%になるように調整してもらった。
ホテル仕様です。
ソニーのテレビはこれを行う事が出来ます。
新品で買った時にやってもらったけど、多額な技術料金はありませんでした。
posted by ひこーきパパ at 08:31| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

若者のPC離れ、キーボードよりフリックが速く上司嘆く

若者のPC離れ、キーボードよりフリックが速く上司嘆く

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-603839/

今春、男性新入社員が部下となった、大手商社勤務の30代会社員が嘆く。

「配属直後、翌日の会議で使う資料を作るように指示したところ、左手でスマホを持ち、フリック入力でパパッと調べものをしながら、右手でノートにメモしてるんです。不思議に思ってしばらく眺めていると、今度はメモした内容をパソコン(以下、PC)に打ち込み始めました」

 だが、上司の驚きはこれだけではなかった。タイピングがめちゃくちゃ遅いのだ。

「キーを1つ1つ確認しながら、ゆっくり入力しているんです。たまりかねて、“ブラインドタッチできないの?”と聞くと、堂々と“できません”って…。調べものの検索もスマホの方が慣れてるからと、PCを使わないんです」

 だが、決してこの新入社員だけが特別なわけではない。東京大学大学院情報学環の橋元良明教授が言う。

「名門と呼ばれる大学の学生はPCを使っているが、それ以外の大学の学生はPCを使わない率が高い。レポートもスマホで作成する」

 進学・就職情報などを手がける「マイナビ」の調査によれば、2017年3月卒の大学生の97.4%がスマホを持っていると答えている。ほぼ全員がスマホ所有者なのである。

 一方で自分専用のPC所有率は71%(2017年、NECパーソナルコンピュータ社調べ)とガクンと下がる。

「大学側も本格的な卒論を書かせたりするところが少なくなっていますし、レポート程度ならスマホや大学のPCルームで事足ります。彼らはスマホで何でもできると思っていますから。またPCは高価だからいらないという考えの学生が多いのが現状です」(橋元教授)

 神奈川大学非常勤講師で情報処理を教える尾子洋一郎さんは若者のPC離れの理由についてこう語る。

「彼らは初めての携帯がスマホという世代。だからPCの電源を入れることなく、ネット世界と繋がってきたため、PC自体が苦手なんです。だから若者にとってはPCのキーボード入力より、スマホのフリック入力の方が断然速い。90分授業の中で、時間内に課題の文書を仕上げられない学生も少なくありません」

 実際、冒頭の新入社員も「使えないキーボードで打つよりも速いし、慣れたスマホの方がストレスが少ない」とあっけらかんと話したという。前出の橋元教授はそんな若者を目の当たりにして、日本の未来を危惧している。

「もちろん大学生でも向上心が強い子はPCを使いますし、ワードやエクセルなどのソフトも使いこなす。一方で、そうではない学生はブラインドタッチもできず、社会に出ても仕事を任せてもらえないなどの問題が生じています」

 冒頭の上司は今日も心の中でつぶやく。

「シニアに交じってパソコン教室に通うところから始めればいいのになあ…」
posted by ひこーきパパ at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津久井やまゆり園再生基本構想

津久井やまゆり園再生基本構想
策定に関する部会 検討結果報告書

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/891847.pdf

神奈川県障害者施策審議会

津久井やまゆり園の再生については、平成28 年9月、県から「現在地での全面的建
替え」の方向性が示された。その後、様々な意見が出されたことを踏まえ、平成29 年
2月、神奈川県障害者施策審議会に、津久井やまゆり園再生基本構想策定に関する部
会(以下「部会」という。)が設置された。
部会は、津久井やまゆり園の再生を構想するに当たり、事件によって命を落とした
方々への鎮魂、そして怪我を負い、また、心の傷を負った利用者の方々の尊厳の回復
を念頭に置いた。そして、利用者、ご家族、さらに利用者、職員、津久井やまゆり園
を支えていただいている地域住民など関係するすべての人々、さらに、社会全体とし
て、この事件を乗り越え、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念を真に実現するこ
とを目指し、この報告書をとりまとめた。

posted by ひこーきパパ at 11:37| Comment(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

真矢ミキ、フジ連ドラ初主演

真矢ミキ、フジ連ドラ初主演

http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2095670.html

女優の真矢ミキが10月7日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』(毎週土曜 後11:40)で同局連ドラに初主演することがわかった。民放連ドラとしては2012年『捜査地図の女』(テレビ朝日)以来5年ぶりとなる。『空腹の人に無料で親子丼を食べさせてくれる』といううわさが都市伝説のように広まる古本屋の店主・九十九さくらとして、行き場を失いお腹を空かせた人々に親子丼を振る舞い、彼らの抱える問題に向き合っていく。

 オリジナルストーリーで描かれる同ドラマは、子どもや社会的弱者に降りかかる問題を徹底取材した上で物語に反映。主人公のさくらは16年前、当時17歳だった息子がある事件に巻き込まれて亡くなってから心に深い傷を負って夫とも離婚。娘の響子とシングルマザーとして生きながら「空腹こそが非行のもととなり、人間らしく生きるために絶対に良くないことだ」と考えるようになり、古本屋の奥の「たまりば」というスペースで相手の素性は問わず誰にでも無料で親子丼を出すようになった。

 彼女のもとにやってくるのは、摂食障害に悩む女性や会社で居場所を失った自閉症の男性、少年院出所後、妹の夢のために懸命に生きる少年など。持ち前の優しさ、明るさ、そしておいしい親子丼でやってくる人の心を癒やすさくらの前に、一人の少女・二宮あざみが現れたことをきっかけに、さくら自身の悲しい過去と向き合うこととなる。脚本は『3年B組 金八先生』や『明日の光をつかめ』シリーズの清水有生氏が手がける。

 現在、TBS系『ビビット』(毎週月〜金曜 後8:00)でMCを務める真矢は「朝の情報番組と走れるのか!?と思いましたが、うれしい限りです」と喜びのコメント。遠山圭介プロデューサーは「お芝居ではキャリアウーマンのような、強くてかっこいい女性を演じられることが多い真矢ミキさんは、一方では情報番組で社会問題に連日対峙するという、幅の広さをお持ちの女優さんです。そんな真矢さんだからこそ、放つセリフに説得力があり、強いメッセージが投げかけられると考えました」と説明する。

 真矢は「前向きに前進する役が多い私ですが、今回のさくらさんは立ち止まっています。いつも心揺らして考えています。いろんな人が葛藤を隠して普通に過ごそうと走る一週間。土曜の夜はそんな方々に美味しい親子丼を食べていただきたいです」と呼びかけている
posted by ひこーきパパ at 20:49| Comment(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキップができない原因は?子どもに教える4つのスキップ練習法

スキップができない原因は?子どもに教える4つのスキップ練習法

http://getnews.jp/archives/1872643

以前、芸能人の方でスキップができないことが取り上げられ話題になっておりましたが、大人になってもスキップができないという人は意外と多いのかもしれません。

しかし、我が子がスキップができないと、運動音痴や病気なのでは?と疑ったり、子どもの時にスキップができないと大人になってもできないままでは?と不安になる親御さんも中にはいらっしゃると思います。

今回は、スキップができない原因と、お子さんと一緒にできるスキップ練習法を医師に解説していただきました。

運動神経はどのように発達する?
かけっこする子供たち

運動神経や運動音痴という言葉は俗語であり、運動の巧みさを支配する特定の神経や脳の領域があるわけではありません。

運動の指令を出す大脳皮質や、運動の滑らかさや体のバランスを取るための大脳基底核・小脳、体の傾きの情報を伝える内耳、筋肉に運動の指令を伝える脊髄などが連携して動きを作り出しています。

スキップは何歳くらいからできるようになる?

何歳と決まっているわけではありませんが、幼稚園ではスキップを使ったお遊戯をすることもあり、4〜5歳程度以降でできるようになると思われます。

小学校受験では、スキップやケンケンパ(地面に一つ〇が書いてあったら片足ケンケン、二つ横並びに〇が書いてあったら両足をつく)をさせ、運動能力の評価に使っている場合があります。

スキップができない原因
リズムを取るが不得意な少女

■ リズムに合わせて動作することが不得意

■ バランスを取るのが不得意

■ 頭で考え過ぎている

■ 片足で立ってケンケンができない

*****************
続きあり
posted by ひこーきパパ at 20:41| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

"過労うつ"も対象内「障害年金」の使い方

"過労うつ"も対象内「障害年金」の使い方

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0816/pre_170816_3629115012.html

病気やケガで働けなくなったときに、頼りになる制度のひとつが「障害年金」だ。最近では、過労によるうつ病で、障害年金が受給できるケースも増えているという。障害年金の請求代理を専門とする社会保険労務士が、もしもの時の手だてを解説する。

■鈴木愛美さん(仮名、42歳)からの電話相談

IT関連会社に1998年に入社して、プログラマーとして働いていた鈴木愛美(仮名、42歳)さんは、30歳頃から、毎日の深夜までの残業と上司からの激しい叱責も重なって、気持ちが沈むことが多くなった。不眠が続き、言い知れぬ不安感と死にたいという気持ちが消せなくなってしまう。

2006年に心療内科に行き、うつ病と診断され、会社を休むように言われた。その日から1年5カ月休職。このとき傷病手当金をもらっている。その後、2カ月のリハビリ勤務を経て、復職して1年働き、また1年数カ月休職した。その後も3回の長期休職を繰り返した。

鈴木さんはシングルマザーで、高校1年生と中学生2年生の子供がいる。そのため何としても収入が必要だった。しかし、10年以上治療を続けても、病状に大きな改善はみられなかった。そして、相談の3カ月前からうつ状態が再度悪化。休職期間も限度になっている、これでは仕事が続けられない。そう判断して退職することにした。今はしばらく休んで、病状が少し上向けば、時間をかけてじっくりと障害者雇用での就労先を探そう。そう考えているという??。

さて、こうしたケースで障害年金は受給できるだろうか。結論を先にいえば、月14万?16万円の障害年金を受給することができる。

■子どもがいると加算になる
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:37| Comment(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理カウンセラーに聞いた!共感を求める女性と解決を求める男性の関係

心理カウンセラーに聞いた!共感を求める女性と解決を求める男性の関係

http://news.livedoor.com/article/detail/13479393/

何らかの問題に直面したとき、女性は夫や恋人から「大変だったね」と「共感」を示す言葉をかけて欲しいもの。しかし男性は、女性の気持ちに寄り添うどころか、なぜか説教じみたアドバイスをし始めたりすることがある。以前「教えて!goo」にも、「説教好きな旦那の対処法を教えてください」という投稿があった。日常の家事について、ご主人から説教じみた批判をされ、反発したい気持ちをおさえている女性からのその投稿に、ユーザーから多数の回答が届いていた。このような男女の気持ちのズレは、なぜ生じるのか。どうすればいつまでもよい関係が築けるのか。心理カウンセラーの椎名あつ子先生に話を伺ってみた。

■相手に求めることの違い

なぜ、女性は男性に「共感」を求めるのか。そしてなぜ、男性は共感するのではなく、解決策の提示をしてしまうのだろうか。

「女性は、男性が自分の愚痴や苦労話を親身になって聞いてくれさえすればよいのです。特に、大変な困難を乗り越えたときなどは、『そんなことがあったのか』『よく頑張ったね』と、寄り添い共感してもらいたいのです。つまり女性はいつも、何らかのアドバイスを求めたり、問題解決をして欲しいと思っているわけではありません。まずは聞いて欲しいのです」(椎名先生)

そんなとき男性が、女性の気持ちに共感しないばかりか、「そうなる要因の一端は、お前にも責任があるんじゃないか?」「だったら〜すればいいじゃないか」と、説教や批判に聞こえるような発言をし、女性を失望させるのはよくある話だ。

「男性は結論の出ない話が苦手です。短時間で合理的に決断したり、論理的に結論を出すことを得意とする脳回路を持つため、悪気があって共感しないわけではありません。このような男女のすれ違いは、『脳の構造の違い』により、ある意味、必然的に生じるのです」(椎名先生)

すれ違いは必然のようだ。

■脳の構造を活かした役割分担
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:23| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんの睡眠時間と発達障害の関係

赤ちゃんの睡眠時間と発達障害の関係

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20170815/med/00m/010/004000c

 連続講座「赤ちゃん学入門講座〜ヒトのはじまりを科学で探る〜」(同志社大学主催)の内容を紹介する連載第8回のテーマは、「赤ちゃんと睡眠」です。「寝る子は育つ」と言いますが、乳幼児にとって望ましい睡眠のあり方や生活リズムはどのようなものなのでしょうか。30年間にわたり、子どもの睡眠障害の臨床、研究に力を注いでいる三池輝久・熊本大学名誉教授が解説します。

睡眠と覚醒のリズムを整える体内時計

 まず、睡眠はしっかりと起きているためにあります。睡眠というと眠る話ばかりになりがちですが、一日の生活リズム全体のことをさすと考えてください。起きたら数分ですっきりとしてきて、睡眠と覚醒が明確に分かれているのがいい眠りです。

 ヒトは1日24時間の体内時計を持っています。これによって朝に目が覚め、夜は眠くなり、おなかがすく時間もだいたい決まっています。体内時計の中に「概日リズム」という時計があります。概日とは約24時間という意味です。この時計がヒトの心と体の発達のバランスをコントロールする重要な働きをしていることが、最近強調されるようになってきました。睡眠と覚醒のリズムを整え、脳の働きを保持するだけでなく、糖代謝などエネルギー生産のコントロール、体温や自律神経の調節、ホルモンの分泌、免疫機能にも大いに関わってきます。つまり、全身の37兆個の細胞を制御して生命維持機能を担っているのです。

 眠りのメカニズムを説明しましょう。夜になると脳の松果体(しょうかたい)という部位から眠りを誘発するホルモン「メラトニン」が分泌されます。分泌量は暗くなってくると増加し、深夜2時ごろがピークとなります。体温を下げて心地よい眠りに誘うだけでなく、免疫力を高めたり、抗酸化作用を発揮したりすることも分かっています。このメラトニンが、1日の時間割をつくる指揮者のような役割を果たしていると思ってください。一方、朝日を浴びるとメラトニンの分泌は抑えられ、代わりに朝6時ごろをピークに「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。これが「今日も1日頑張るぞ」というシグナルとなり、体温を上げて活動する準備を整えます。しかし、夜間もスマートフォンなどから発せられる「ブルーライト」にさらされると、このメラトニンの分泌量が低下して、増え始める時刻もずれてしまいます。

眠っている間に脳の中がきれいになる
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:18| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

戦後72年

戦後72年

本日は重たいかも・・・・・
本年は終戦72年となり、いろいろな番組が放映されていました。

先日も樺太(サハリン)や占守島(千島列島の最北端の島),満州、インパール作戦等

新たに見つかった公文図書から・・・・に始まる

原爆では約20万人が犠牲になり、今も苦悩が続いている。

硫黄島、沖縄が落ちてから、本土へのB29の空襲のあらしは凄い数値である。

特に、終戦日の前の一週間、そして、玉音の後もソビエトの北方領土(北海道分割)確保のための、玉音無視の侵略。

日や数が公開されると、非常にびっくりする。

戦争の悲惨がさらに脳裏に刻まれた。人間ではない行為の連続。。

北朝鮮もつぶしてしまえば済むと思っている方が多いと思う。
何故、朝鮮半島が分裂しているか。
それは、世界の大きな勢力が直接接していないようにする為である。
北がなくなり、統一朝鮮国になったとする。
すると、中国、ロシアと国境を接する事になる。
その国境線は超緊迫した所となる。
実は、北朝鮮は緩衝地帯なのである。
だから、大国は思い切った事はしない。
ほどほどに引き延ばしをしている。

難しいですね。国や平和を守るとは
posted by ひこーきパパ at 14:27| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童虐待 相談1538件 過去最高を更新 「心理的」が大幅増 昨年度

児童虐待 相談1538件 過去最高を更新 「心理的」が大幅増 昨年度 /山梨

https://mainichi.jp/articles/20170815/ddl/k19/040/037000c

県が発表した2016年度の児童虐待相談件数は、15年度から311件増え1538件となり、過去最高を更新した。中でも「心理的虐待」が808件と大幅に増え、05年度に現在の調査方法に変わってから初めて全体の5割を超えた。

 市町村と児童相談所で受け付けた0〜18歳の虐待の相談件数を県が集計した。

 種類別では、心理的虐待が808件(226件増)で全体の52・5%を占めた。次いで育児放棄に当たるネグレクトが446件(58件増)▽身体的虐待が272件(32件増)▽性的虐待が12件(4件減)だった。

 虐待を受けた子どもは、小学生が510人で最も多かった。また0歳〜就学前の子どもが全体の4割を占めた。虐待者は実母が最も多く、次いで実父母、実父だった。

 虐待を受けた子どもは登校拒否や引きこもりなどの「問題行動」、発達障害があるケースが多かった。一方、虐待者の多くは、育児に関する適切な知識がなかったり、家庭内暴力をはじめとした複雑な家庭環境を経験したりしていたことも分かった。

 県子育て支援課の担当者は「虐待に対する関心、意識が高まり、相談件数が増加したと考えている。一方で専門知識を持った職員の対応が必要なケースも増えており、職員研修や他機関との連携で体制を強化していく」と述べた
posted by ひこーきパパ at 14:00| Comment(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

9月18日障がい者とその家族のための年金教室のご案内

9月18日障がい者とその家族のための年金教室のご案内

http://blog.livedoor.jp/syaroshitamagonokai

この度、「障がい者とその家族のための年金教室」(以下「年金教室」)を、
2017年9月18日(祝)に、下記のとおり開催することになりましたので、ご案内いたします。

この年金教室は、当事者団体の方々と我々社労士が協力して、障がいのある方とその家族を対象に障害年金という制度を知っていただき、その後相談会を実施する、たまごの会が最も力を入れている活動の一つです。

私たち社労士にとっては直接、障がいをお持ちの方の話を聞けるよい機会です。
今後障害年金相談をするうえでとても参考になりますので、ぜひご参加ください!

また、参加される方の中で個別相談に対応できる会員を募集しております。
原則2名で対応するため、メイン相談員と補助的なサブ相談員を募集します。

※当会開催の年金相談スキルアップ講座全課程修了者または修了予定の方は優先して相談員になることができます!講座での経験をぜひ活かしませんか。

※メイン相談員となるかサブ相談員となるかは当日まで回答できません。
また、当日の相談者数の関係上、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。
  記
障がい者とその家族のための年金教室

日時:2017年9月18日(祝)午後1時00分〜4時30分(午後12時30分開場)
会場:練馬区立区民・産業プラザ 研修室1(練馬区練馬1−17−1 Coconeri 3階)
西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)、都営大江戸線の練馬駅北口徒歩1分
参加費:当事者とその家族の方は無料、社労士などそれ以外の方は1,000円

内容   
○当事者のお話 
公益社団法人 東京都盲人福祉協会 青年部長 弁護士 大胡田 誠 氏
○障害年金制度の解説 社会保険労務士 小山 良夫 氏
○相談会の実施  個別相談を希望の方は申込時に予約が必要です

申込先:下記アドレス宛てに次の項目を記載のうえ、メールにてお申込み下さい
      nenkin.up@gmail.com
    @氏名
    A住所:※都道府県市区町村までで構いません
    B種別:開業社労士 非開業社労士 社労士合格者 当事者 その他
    C当日連絡が取れる電話番号
    D個別相談員対応の可否等:(例)「メイン相談員を希望します」
「サブ相談員を希望します」
「相談員はできません」etc.
    Eご質問など  
※申込者多数で参加をお断りする場合のみ、こちらからご連絡させていただきます

年金教室担当 石井
posted by ひこーきパパ at 18:22| Comment(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

責任感なさすぎ! 非常識教師のありえない退職方法とは…

責任感なさすぎ! 非常識教師のありえない退職方法とは…

https://sirabee.com/2017/08/13/20161234725/

教師といえば、実直さや責任感が求められる職業のひとつだろう。だが中には、保護者や生徒が唖然とするような辞め方をする人もいるらしい。

しらべぇ取材班は、人々に「教師のありえない退職方法」を調査してみた。

@学校を欠勤したまま、生徒に挨拶もなしに退職する

「今年4月に小学生の娘の担任になった若い先生が、5月末に『インフルエンザで』と休んでから学校に来ず、ずっと臨時の先生が代行していたんですが…。

そのまま生徒に挨拶することもなく、退職メールだけを送ってきて辞めたらしく、夏休み明けの9月から担任が変わることになりました。

子供たちも落ち着かなくて可哀想だし、こんな責任感のない人が教師になるなんて、時代も変わったな…と呆れますね」(女性・36歳)

A辞める原因になった生徒を名指しして責める

「小学校三年生の時だったんですが、同級生に問題児がいました。多分、今でいう発達障害の子だったと思うんですが、当時はまだそんなことも認知されていない時代。

担任の先生は、僕たち生徒から見ても精神的にまいっているのがわかるくらいで、学年の半ばに体調を壊して、辞職されることになりました。

最後の授業で挨拶する時に、その問題児を名指しして『私はあなたのせいで辞めるんですよ!』と、涙ながらに責めていて。辛かったとはいえ、先生としては失格ですよね…」(男性・30歳)

教師の引き継ぎは必須?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20〜60代有職者の男女674名に「退職時について」の調査を実施したところ、「仕事は引き継ぎをしてから辞めるべき」と答えたの人は、全体で49.5%という結果に。

また年代別でみると、若い世代になるにつれ「引き継ぎは必要なし!」と思っている傾向が強いことが明らかになった。

これから若い先生がどんどん世に出てくると、引き継ぎもせずに辞めてしまう恐れもあるのかもしれない。

だが教師は、生徒の心身状態や家庭環境、友人関係など、さまざまなことを把握していなければ、大きな問題につながってしまうことも…。

生徒が元気に過ごせるためにも、どのような理由であれ、辞める際にはきちんと責任感を持って後任の先生に引き継ぎをしてほしいものだ。

***************
この記事、どこか、ずれている。
先生も人だ!! 先生だから・・・とは?

posted by ひこーきパパ at 18:11| Comment(0) | 特別支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと、帰ってきました。

やっと、帰ってきました。

実家に帰るとき、長ーい一本道国道226号の中間で、交通事故があり、大渋滞。
3台が巻き込まれ、消防車2台、救急車3台、、、
普通の倍の時間を掛けて、帰りました。疲れた。

今年は初盆で用事もあり、少し多忙。
お寺は満員御礼状態。

今日、無事、帰りました。
posted by ひこーきパパ at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

じっとできない、挨拶しない……育てにくい子の伸ばし方

じっとできない、挨拶しない……育てにくい子の伸ばし方

http://news.livedoor.com/article/detail/13460398/

言うことを聞かない、なんだか友達が少ない、こだわりが強すぎる……。そんなわが子の姿を見ると、多くの親は「どうしてみんなと同じにできないの?」と不安になったり、焦ったり。けれど、東京大学先端科学技術研究センターで「異才発掘プロジェクト ROCKET」のディレクターを務める中邑賢龍教授は問います。「ほかの子と同じにすることが本当に必要ですか?」と。子どもとの向き合い方や、これからの教育のあり方について、中邑教授が上梓した『育てにくい子は、挑発して伸ばす』には、これまでの常識に捉われた大人に新たな視点を与える子育てと教育のヒントがつまっています。

「発達障害」が近年、大きな話題になっています。しかし、私自身は、「変わった子」や「育てにくい子」に「発達障害」という診断名を安易につけて、周囲と別の存在として扱うことには違和感を覚えます。人間には誰しも凸凹があります。得意なこともあれば、不得意なこともある。ROCKETにやってくる子どもたちは、みんな不登校。凸凹とした個性にあふれ、実にユニークです。凹の部分が他の子どもより目立ちやすかったり、多かったり。でも、凸の部分もしっかりと持っています。彼らの凹を埋めることよりも、凸を伸ばしていきたいと考えて、プロジェクトを進めています。

 そんな子どもたちを育てる親御さんたちから、相談を受ける機会もたくさんあります。わが子とのコミュニケーションがうまくいかず、「どうすれば、子どもが変わってくれるのか?」と悩む親御さんは、実に多い。でも、その前に、大人の私たちができることを考えてみたいと思います。

 まずは、子どもの行動を結果だけで捉えるのではなく、その背景を想像してみることです。たとえば、集団でのプロジェクトの途中に突然席を立ったH君。「どこ行くの?」と聞く私に「外。面白くないから」と言い残して、部屋を出ていってしまいました。身勝手で、理由なくキレる子ども。そう感じたでしょうか。でも、彼にはきっかけや理由があったのかもしれません。少し冷静に彼の行動を眺めてみると、違った側面が見えてきます。

続きあり
posted by ひこーきパパ at 07:41| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルセウス座流星群が極大(2017年8月)

ペルセウス座流星群が極大(2017年8月)

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/08-topics03.html

2017年のペルセウス座流星群は8月13日4時頃に極大(注)を迎えます。
これは日本で観察するのにぴったりの時刻で、日本でのいちばんの見ごろも、12日の夜半頃から13日の明け方頃となるでしょう。ただし、今年は明るい月がずっと出ているため見える流星の数は例年よりやや少なく、流星が最も多いときに空の暗い場所で観察して、見られる流星は1時間あたり35個程度となると予想されます。

流星は特定の方角だけに出現するわけではありません。月がなるべく視界に入らないようにしながら、空の広い範囲を眺めてください。

月明かりに負けない明るい流星を期待しましょう。

posted by ひこーきパパ at 07:40| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害のピアニスト熱演 出水で命考えるサミット

発達障害のピアニスト熱演 出水で命考えるサミット

http://373news.com/_news/?storyid=86298

命について考える「いずみ宝子『命』のサミット」が2日、出水市文化会館であった。発達障害を抱えながらピアニストとして活躍する宮崎市の野田あすかさん(35)が出演。優しい音色と笑顔で楽しそうに演奏する姿に、会場は大きな拍手で包まれた。

(記事全文は12日付南日本新聞、おはようネット県外版、モバイルサイトでご覧になれます)
posted by ひこーきパパ at 07:40| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

チンパンジーがじゃんけん理解 研究成果発表

チンパンジーがじゃんけん理解 研究成果発表

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170810/k10011096201000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_011

京都大学霊長類研究所などのグループがチンパンジーに「じゃんけん」のルールを教える実験を行ったところ、正しく勝ち負けを判別できるようになったとする研究成果を発表しました。

これは京都大学霊長類研究所などのグループが10日に発表したものです。

グループでは、7頭のチンパンジーに対して、モニター画面で「グー」、「チョキ」、「パー」の手の画像を2枚同時に映してじゃんけんを行い、勝っているほうの画像に触れると餌がもらえるという実験を1日およそ140回繰り返しました。すると、7頭のうち5頭が平均で100日ほどたつと90%以上の正答率で正しい画像を選べるようになったということです。

ヒトの子どもで行った同様のテストでは、4歳を超えるとほとんど間違えなくなったということで、グループでは、チンパンジーは4歳の子どもと同程度の理解力があるとしています。

グループは、じゃんけんはグーとチョキ、それにパーが三つどもえになった複雑な力関係でできているとして、今回の成果はヒトが複雑な関係性を理解できるようになった過程を解明する手がかりになるとしています。

研究を行った京都大学高等研究院の松沢哲郎特別教授は「チンパンジーどうしで実際にじゃんけんができるのかについて、今後、調べていきたい」と話していました

********************************
チンパンジーどうしはコミュニケーション力が必要です。
どうなるでしょう。
posted by ひこーきパパ at 17:47| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症児の音楽療法は効果がないのか?

自閉症児の音楽療法は効果がないのか?

https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20170812-00074419/

この原稿には科学的に確認されていない私の勝手な想像が多く含まれていることをまず断っておく。

言語と社会性の発達障害、および繰り返し行動が自閉症スペクトラム(ASD)の主要症状だ。米国疾病予防管理センターからの発達障害早期発見のための乳児期チェックリストには、1)音に反応しない、2)動くものを見つめない、3)笑わない、4)手を口に持っていかない、場合は医師に相談するよう説明している。

このリストはASDだけを対象にしているわけではないが、これらの症状から勝手に想像すると、ASD主症状の背景に、乳児に自然に備わった能動的に様々な体験を求めようとする本能の低下があるように思える。

例えば乳児期だけに「口唇追いかけ反射」が存在する。これは母親の乳房を求める反射と理解されているが、目がはっきり見えない時期、新しい体験を求めるための反射としても働いていると考えられる。実際私たちの行動が論理的な思考に基づくことは稀で、ほとんどは本能や、欲望、感情に動機付けられている。従って、ASDの子供が能動的に体験を求めようとしないのは、行動の動機になる本能や感情に問題がある可能性がある。事実、ASDの人たちは大人になっても、感情の受容や伝達が苦手なこと、すなわち失感情症を併発することが多いことが報告されている。また機能的MRIを用いた研究から、感情に関わる島皮質の活動が自閉症では低下していることも報告されている。

しかし、本当にASDの人たちは感情の理解や表現が低下しているのだろうか?

一見失感情症のように見えるASDの人たちが豊かな感情を持っていることが、音楽に対する様々な反応からわかってきた。ASDの人たちの音楽能力が高いこと、あるいは音楽で表現される感情をほぼ正常に理解していることが報告されている。おそらく音楽の最も重要な役割は、感情のコミュニケーションといっていいだろう。とすると、正常以上の音楽的コミュニケーション能力を持つASDの人たちを失感情症と決めつけることは危険だ。逆に音楽を通せば、ASDの子供と深いコミュニケーションをとることができるのではと考えられるようになった。これに基づき、ASDの人たちの社会性を高めるための、様々な音楽療法が開発され、その効果も幾つかの論文で報告されている。

しかしこれまでの研究のほとんどは観察研究で、一般的な治療法として確立するためには、より厳しい臨床的検証が必要とされていた。

今日紹介するノルウェイを中心とする9カ国の国際チームからの論文は「即興音楽療法」と呼ばれる治療法の一つの効果を調べるための国際治験研究で8月8日号の米国医師会雑誌に掲載された(Bieleninik et al, Effects of improvisational music therapy vs enhanced standard care on symptome severity among children with autism spectrum disorder: The TIME A randomized clinical trial(自閉症スペクトラムの症状改善に対する即興音楽療法の効果:TIME-A無作為臨床治験), JAMA 318:525,2017)

http://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2647854?widget=personalizedcontent&previousarticle=0
Music Therapy for Children With Autism Spectrum Disorder
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 14:30| Comment(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

日本初本格的な遠隔診療サービス 順天堂医院開始

日本初本格的な遠隔診療サービス 順天堂医院開始

http://www.caretomo.com/carenews/86009

認知症やパーキンソン病により通院困難な患者を対象
順天堂大学医学部付属順天堂医院 脳神経内科が、認知症やパーキンソン病によって通院困難な神経疾患、慢性疾患の患者に遠隔診療サービスを開始する。同サービスは日本初の本格的な遠隔診療。IBMの遠隔診療支援アプリを使用して行う。

患者や家族の通院に対する身体的・経済的負担を軽減
同サービスが実施されることにより、患者と家族の通院にかかる身体的および経済的負担が大幅に軽減する。また、患者、家族、患者宅をサポートする医療・介護関係者との情報共有により、遠方の患者に効率よく最適な診療サービスを提供。医療、介護関係者も主治医の顔を合わせながら話すことができ、通院での対面診療と変わらず信頼関係を築くことができる。

患者の映像と音声により、在宅、外出先の状態を把握し処方内容の参考とする。主治医から薬剤師に送られてきた処方箋によって、薬を最寄りの薬局で受け取ったり、在宅診療報酬により患者宅に薬を配達したりすることも可能。地域の診療所との連携ができるようになる。

数か月に1度は通院し、次回以降の遠隔診察予約をすることになる。様々な医療・介護現場でのデータが蓄積され、今後、ビッグデータ分析に基づく個人向けアドバイスを提供することを目指している。

******************
負担を少なくして、良い医療手当ができるのは画期的です。
そのうち、その間にAIが加わり、精度を高めて行くことでしょう。
posted by ひこーきパパ at 08:40| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から夏期休暇です。

今日から夏期休暇です。

今日は山の日、また、祭日が増えた。
こんな暑い時に山に登りたいとは思わない。
やっぱ、春か、秋だよ。
ここ20年山には行っていない。
最後が由布山かな。
そうだ、つぼみの夏キャンプで大浪の池に登ったけ!
富士山の門も新築したと聞く。見てみたいけど・・・
もう、1000m級の山は無理だろう。
霧島山をドライブで終わりかな。

今年の連休は長いけど、母の初盆になるので、指宿の実家です。
連休明けが疲れそう。

指宿ではインターネットが出来ないので、子供達は不満。
レンタルビデオで我慢して貰っている。
アルファは好きなお絵かきがあるからまだ良いけど、
バルンはどう出るか・・・・

暑い日が続きます。
皆様、ご自愛ください。
posted by ひこーきパパ at 08:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

増加している大人のADHD。はさみが上手く使えない、車体をよく擦る等は要注意!?

増加している大人のADHD。はさみが上手く使えない、車体をよく擦る等は要注意!?

https://hbol.jp/147680

最近、ネット上でよく目につくようになったのが「大人のADHD」という言葉だ。ADHDは日本語では注意欠陥・多動性障害という名の病気だ。やや舌を噛みそうな単語だが、不注意、多動性、衝動性といった行動を示す障害で、今話題になっているのはこの症状を示す大人たちのことだ。

 というのも、この病気はかつて「落ち着きのなさ」に代表される子供の病気と考えられていたが、最近、大人でも一定割合でADHD患者が存在することが指摘され、注目を浴びている。ちなみにADHDは、かつてはアスペルガー症候群といわれた自閉症スペクトラムなどと合わせて「発達障害」と総称される。

 世間のADHDに対する認識には誤解が多く含まれていると語るのは、脳神経外科専門医として診療の中でADHDの患者に接することも多い、くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋医師だ。

「そもそもADHDは先天性障害で大人になって突然発症するものではありません。生まれつきの障害が、社会認識や診断の変化などで、大人になってから気づかれるようになったケースが増えてきたに過ぎません」

 現時点でADHDは、脳からの指令を伝えるため神経の間で情報のやり取りにかかわる神経伝達物質と呼ばれるものの働きが不十分であることが原因で、とりわけヒトの脳内で行動や注意をコントロールする前頭葉でこの異常が起きていると推察されている。もっともこれは仮説で確定していない。

空間認識能力に問題がある場合も少なくないADHD

しかし、意外なことがきっかけでADHDの患者が見つかることもある。工藤医師が語る。

「実は中高年の認知症診断の際に気づくことがあります。現在、一部で使用されている『TOP-Q』という認知症の簡易診断法では、医師が影絵のハトを手で作って見せ、患者に『同じものを作って』と指示します。ところがこれを微妙に間違えて作る人たちがごく一部にいます。そうした人の中にADHDを含む発達障害だったという人が多い傾向があります」

 これは空間認識能力に問題があるということなのだが、ヒトの脳でこの能力を司るのはADHD患者で問題があると言われている前頭葉とは別の頭頂葉という部分。要は現在分かっていないだけで、別の原因も考えられうるということだ。

「ADHDの人では、コーヒーや紅茶に砂糖を入れるときに頻繁にこぼしてしまう、はさみの使い方やスリッパの脱ぎ方が下手、自動車の運転中に車間距離が上手く取れずに追突事故を起こしやすい、頻繁に車体を擦るなど明らかに空間認識能力の問題があるケースは少なくありません」

***********************
空間認識能力は男女を比べると、定型発達では男性が優れている。
そういえば、ADHDの男女比のデータを見た事がない。
どうなんだろう。
posted by ひこーきパパ at 21:09| Comment(0) | 発達障がい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あしたの日本へ ミュージシャン・ミッキー吉野さん

あしたの日本へ ミュージシャン・ミッキー吉野さん

https://mainichi.jp/articles/20170803/org/00m/010/044000c

音楽を通して表現する楽しさを伝える

 音楽を通してハンディを持った人たちや恵まれない子どもたちの力になり、支援を続けているミュージシャンは少なくない。グループサウンズの「ザ・ゴールデン・カップス」や「ゴダイゴ」で活躍したミッキー吉野さんもその一人だ。最近は音楽活動のかたわらダウン症の人たちとバンド活動をしたり、自閉症の人たちのためのイベントに参加するなどしており、「細かいことにまで気を遣って接することが必要。ただ言っているだけではダメ」と主張する。そんな吉野さんに音楽を通じた福祉に対する思いを聞いた。

 −−ダウン症の人たちとバンド活動をしているそうですね。

 吉野さん 青いプラスチックの大きなバケツにガムテープを貼って、それをたたいてパーカッションとして使うサルサガムテープというバンドです。2012年からダウン症の方々と一緒にやっています。この前は、相模原市の津久井やまゆり園事件の犠牲者の追悼の思いを込めてリーダーのかしわ哲さんが作った曲「ワンダフル世界」のレコーディングでキーボードを担当しました。サルサガムテープの活動でやまゆり園追悼ライブなどのイベントやレコーディングなどで参加しています。

 −−一緒に活動するきっかけは。
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:52| Comment(0) | 障がい関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

猛暑日の熱中症予防で「食塩中毒」「水中毒」は心配すべきか

猛暑日の熱中症予防で「食塩中毒」「水中毒」は心配すべきか

http://ascii.jp/elem/000/001/528/1528999/

暑い日が続いている。熱中症予防には、水分補給や塩分補給が欠かせない。しかし、最近は塩分や水分の過剰摂取による「食塩中毒」や「水中毒」のリスクも報道されつつあり、不安に感じる人もいるだろう。特に、リスクが高いと言われる乳幼児と高齢者の熱中症を予防するにはどうしたらいいのだろうか。

赤ちゃんにとっては小さじ1杯の塩が毒になる

「えっ、赤ちゃんって小さじ1杯の塩で死んじゃうの」

 7月上旬、テレビのニュースを見ていて、意外に感じた人も少なくないのではないだろうか。それは、認可外保育施設の元経営者が、預かり保育中だった1歳児に致死量の食塩を混ぜた液体を飲ませ、死亡させたというもの。

 乳児の腎機能は未熟なため、高濃度の食塩水を一度に摂ると脱水状態に陥り、多臓器不全などで死に至る可能性があるという。人間の身体にとって不可欠な塩が、致死量の毒になってしまうのだ。

 小さじ1杯の塩分5gは、ラーメンのスープ1杯分(400〜500ml)に相当する。1歳児には無理かもしれないが、4〜5歳になれば、調子に乗ってごくごく飲み干してしまう子どももいるだろう。おにぎりにまぶしたり、おやつとして塩きゅうりにしたりして、いつの間にか与えてしまっている親もいるのではないだろうか。

 一方で、熱中症対策を呼びかけるニュースではプラスα的に、「こまめな水分補給」と同時に「塩分も摂りましょう」とアドバイスする。水分を必要以上に摂りすぎたり、大量に汗をかいて体内の塩分量が不足したりすると、血液中のナトリウム濃度が薄くなりすぎる「低ナトリウム血症」になってしまうからだという。

 事件を起こした元経営者が、どうして塩分を大量に与えたのかはわからない。

 だが、わが子が暑いなか、汗びっしょりになってなんだか具合悪そうにしていたら、(ただの水を与えるよりは塩入りの水のほうがいいのでは)と気を回し、勢い余って小さじ1杯…というのは、誰もが犯してしまいがちなようにも思える。ただ実際は、哺乳瓶1本の水に塩5gだと、塩辛すぎて飲み込めず、吐きだしてしまうので、無理やりでなければ飲ませられないらしい。

 事件の報道後、ツイッターには「実は、初めて知りました。恐ろしい」といった戸惑いのコメントが溢れていた。他人事ではない。
続きを読む
posted by ひこーきパパ at 20:48| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米で飼い主が犬のワクチン接種を拒否?専門家は「誤った認識によるもの」と警告

米で飼い主が犬のワクチン接種を拒否?専門家は「誤った認識によるもの」と警告

https://news.biglobe.ne.jp/animal/0809/woof_170809_2091454216.html

NYブルックリンの地元紙が報じた「ワクチン接種を拒否するペットの飼い主が増加」というニュースが、米国で注目を集めています。”自閉症の原因はワクチン接種だ”という虚報が影響を与えているとして、懸念されているようなのです。

ワクチン拒否問題を報じたのは、NY州ブルックリンの地元紙Brooklyn Paper。ブルックリンの一部の飼い主に、飼い犬へのワクチン接種を拒否する動きが見られることを報じています。記事には、「ペット用ワクチンへの懸念は、最近盛り上がっている”子供の自閉症の原因はワクチン説”に影響されている」とする獣医師の見解が寄せられています。

”自閉症の原因はワクチン説”は、1998年にイギリスの研究グループが行なった研究報告と、これを受けて唱えた「MMR(麻疹,おたふくかぜ,風疹の混合ワクチン)が自閉症の原因である」仮説が元になっています。その後の研究の蓄積により、MMRが原因となる根拠は薄いのではないかという意見が大勢となっている(専門家や団体からは科学的根拠がないとする公式発表は多数ある)ものの、現在も論争はおさまっていません[1]。

こうした中、「ワクチン接種が自閉症の原因だ」という持論を持つ大統領が誕生したことが、米国での”ワクチン原因説”に勢いを与えました。トランプ大統領はTwitterやテレビのインタビューなどで、自閉症とワクチン(大量接種)に関連性があるという持説を公にしています。

Brooklyn Paperは、”ワクチン原因説”の盛り上がりが飼い主の注射の副作用への懸念と疑念を後押し、拒否の流れができたのではないかと分析しています。

近年の”ワクチン反対運動”についてNewsweekは、「接種が自閉症を引き起こす科学的根拠はない。ワクチン接種の危険性を警告し、接種の不振を引き起こした1998年の研究は、掲載誌(英国の医学雑誌The Lancet)から取り下げられ、後には詐欺的な研究であることが判明した」と報じています。

Timeでは、ワクチン接種を拒否するペットの所有者が潜在的に広範囲に害を及ぼすとしています。「ワクチン接種を受けていない子供は、麻疹、流行性耳下腺炎、百日咳、咳、ポリオなどの予防可能な病気に罹患するだけでなく、その病気の潜在的キャリアとしての役割も果たす。ワクチン接種ができない人(乳幼児、非常に老いた人、免疫システムが損なわれた人を含む)は集団免疫(herd immunity)により病気から守られるべきだが、このためには95%という高いワクチン接種率が必要だ」

犬のワクチンも、イヌパルボウイルス、ジステンパー、イヌ肝炎、および狂犬病予防可能な病気を防ぐことに繋がります。犬が罹患し媒介する病気の中には、人間にも広がる懸念がある感染細菌性疾患も含まれています。

仮に、人間のワクチン接種に対して自閉症の原因であるとわかった場合には、動物へのワクチン接種もやめるべきなのでしょうか?

そもそも「犬に自閉症という診断を下す」ことが(少なくとも現時点では)難しいということがあります。獣医師のLiff博士はBrooklyn Paperに「私たちは犬で自閉症を診断したことはありません。誰かが(自閉症だと診断)できるとも思わない」と答えています。これを根拠に拒否をするというのは、論拠に乏しいと言わざるを得ないようです。

ワクチンの頻度や必要性、副作用については、わかっていないことが多く不安に思う飼い主さんも少なくはありません。しかし、いきなり”接種拒否”に振れてしまうことは、愛犬や周囲の健康を損なう可能性を高めますし、時には命を奪うことにも繋がりかねません。デューク大学のHare博士はTimeのインタビューに「ワクチン接種を受けていない犬の病気は、コミュニティにとって壊滅的な打撃を与えることがある。犬や周囲の人を愛しているのであれば、ワクチンを接種すべき」と答えています。
posted by ひこーきパパ at 20:38| Comment(0) | 自閉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする